浦学、悔しさ糧に一丸 秋季高校野球22日開幕

 22日に開幕する秋季県高校野球大会の組み合わせ抽選会は19日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、各地区の予選を勝ち抜いた38校の対戦相手が決定した。今夏の甲子園で県勢初の全国制覇を果たした花咲徳栄と、夏の県大会で準優勝だった浦和学院がAシードに収まった。

 抽選会では本抽選に先立って県大会出場校によるシード校(A、Bシード)を選ぶ投票を行い、30票を集めた花咲徳栄、28票の浦和学院がAシードとなった。Bシードは18票の埼玉栄、17票の春日部共栄が選出された。抽選により、埼玉栄が花咲徳栄ゾーン、春日部共栄が浦和学院ゾーンに入った。

 引き続き34校の主将らが予備抽選順にくじを引き、花咲徳栄は滑川総合、浦和学院は大宮東、埼玉栄は所沢商とそれぞれ初戦の2回戦でぶつかることが決まった。

 大会は県営大宮など4球場で実施され、10月1日に決勝(10時)が実施される予定。上位2校が関東大会(10月21~25日・神奈川)に出場。今大会の8強は、来年の春季大会で地区大会には出場せず、県大会からの出場となる。

 県大会は1回戦から有料で、一般500円、中高生200円。引率された少年野球、中学生チーム(引率者・保護者有料)、障害者(障害者手帳の提示)と介添え1人、小学生以下は無料。

地力で勝るAシード

真剣な表情で抽選に臨む各校の主将ら=19日午後、スポーツ総合センター

 県勢史上初となる夏の全国制覇を成し遂げたAシード花咲徳栄と、4連覇を目指す同浦和学院の実力は一枚上手だ。好素材が集うBシード埼玉栄、経験豊富な投手陣がけん引するBシード春日部共栄が追う展開か。

 夏の日本一となった花咲徳栄は秋への準備期間は他チームより圧倒的に短い。それでも前チームで4番を担った野村を1番に据える打線は迫力があり、中軸は得点機を逃さない。投手陣は5投手での継投。中田、左腕和田らで逃げ切る。

 浦和学院は地区大会で登板のなかった渡邉の復帰が好材料。夏の県大会で先発した経験のある右腕と、近野、左腕佐野とで3本柱を形成する。打線はつながりを意識した2番矢野、3番蛭間も機能している。

 投打に充実感が際立つ埼玉栄は米倉、松原、左腕嶋田の投手陣が軸となり失点は計算できる。春日部共栄は内藤、左腕大木と夏に登板機会のあった投手陣が控えるだけに、打線の奮起が上位進出への鍵を握る。

 坂本が投打の柱となる聖望学園は、攻守にまとまりがある松山と対戦する。ふじみ野-川越東は1回戦の注目カード。30年ぶりの県大会出場を決めた桶川西、21年ぶりの熊谷工、19年ぶりの浦和は久々の白星をつかみたい。代表2校が出場できる夏の100回記念大会へ新チームの戦いが開幕する。

悔しさ糧に一丸 Aシード浦和学院

 4連覇へ視界良好だ。Aシード浦和学院の森監督は「なんとか戦力が戻ってきた」と地区大会で登板機会のなかった渡邉の復調を喜び、「一戦一戦を戦いながら、チームを仕上げていきたい。実力通りに力を発揮してくれれば」と手応えを口にする。

 今夏の県大会決勝で敗れた悔しさを知る選手も多く一丸となる。特に打線の核となる2番矢野、3番蛭間は前チームからの主力で気合十分だ。主将の蛭間は「夏に負けた悔しさを晴らす。初心に帰って一戦必勝」と力を込めた。

闘志むき出しに Aシード花咲徳栄

 夏春連覇への挑戦権を全国で唯一得ているAシード花咲徳栄の戦いが始まる。シード校を決めるチーム間投票では最多30票を集め、主将の新井は「技術面どうこうではなく、勝つ気持ちを前面に出していきたい」と闘志をむき出しにする。

 前チームから引き継がれている強固な精神力で4年ぶりの県王者奪取を目指す。主将の新井は「日本一を取ったのは先輩たち。切り替えて自分たちの代も地道に力を付けて、まずはセンバツに出たい」と力強く目標を語った。

好素材 投打に充実 Bシード埼玉栄

 10年ぶりのシードに推された埼玉栄。チームスローガンは「勝つために何をすべきか。各自がチームのために」。鍛え上げてきたチーム力で頂点を目指す。個々の能力は高く、主将の海崎は「ベンチ入り、外関係なく一丸となって一戦一戦大事に戦いたい」と力を込めた。夏を経験したメンバーも7人残り、実力がついてきている。

 海崎は「要所できちんと点を取って、新人戦からコールドで勝ってきた。初回から攻めて、早いうちに点を取る」と表情を引き締めた。

突き破る4強の壁 Bシード春日部共栄

 春日部共栄は3年生が越えることのできなかった4強の壁を破ると意気込み、受け継いだ思いを胸に闘志を燃やす。

 夏もチームをけん引した2人の投手が鍵となる。負けず嫌いでピンチになると燃えるエース内藤とポーカーフェースの左腕大木が精神面でも支柱を担う。

 主将の田山は「新チームは明るく楽しい」と話しながらも、「先輩から自分たちの代で結果を残せと言われた。部員一体となって粘り強く戦って、より高みへの挑戦をする」と力を込めた。

2投手がけん引 守備からリズム 30年ぶりの桶川西

 30年ぶりに秋の県大会に桶川西が出場する。昨年に続きエース左腕並木と松岡の2投手がけん引。地区大会では守備からリズムをつかみ、永井主将は「この2人がしっかりしてきた」と飛躍の理由を語った。

 攻撃では「自分に負けない」を合言葉に、主将は「積極的に行くけれど、引くときは引く勇気を持てるように」と冷静な姿勢で臨む。栄北との1回戦が決まり、「県でどれだけ戦えるか確かめる。自分たちらしい野球をすれば結果はついてくる」と自信をのぞかせた。

タイブレーク 来春から導入 選抜高校野球大会

 日本高野連は19日、大阪市内で選抜高校野球大会の運営委員会を開き、来春の第90回記念大会からタイブレークを導入することを決めた。延長十三回から実施する方向で、アウトカウントや走者の設定などは今後協議して決定する。

 第90回記念大会は例年より4校多い36校が参加し、一般選考の32校、21世紀枠の3校、神宮大会枠の1校で行う。大会日程は来年3月23日から13日間(準々決勝翌日の休養日を含む)。出場校を決める選考委員会は1月26日、組み合わせ抽選会は3月16日に実施する。

(埼玉新聞)

タイブレーク甲子園導入 県内でも今後検討

 日本高野連が19日に開いた理事会で、春と夏の甲子園でのタイブレーク採用が可能になった。選手の負担などを考慮したルール変更で、来春の第90回記念選抜大会で早速採用されることも決まり、県内の指導者らからも様々な声が上がった。

 来夏、埼玉から2代表が出場する第100回全国選手権記念大会と、南北に分かれる埼玉大会での導入は未定。各地方大会での導入を都道府県高野連が決められるのか、全国一括で決めるのかも決まっていない。

 県高野連が導入の可否を決められる場合について、県高野連の小山友清専務理事は、他の都道府県の判断を注視しながら「今後の理事会で方向性を決めていく」と話す。その上で、個人的な考えとして「甲子園で導入されるのであれば、『準備』として県内での導入も必要になるかもしれない」と前向きな姿勢だ。

 今夏の甲子園で県勢初優勝を果たした花咲徳栄は、今春の関東大会で早稲田実(東京)にタイブレークで敗戦。岩井隆監督(47)は「実力が出た」と振り返り「両チームに与えられる同じチャンスをものにできるかが勝負を決める」と仕組みに一定の評価を与える。

 「夏だけは最後までガチンコで勝負したい」と言うのは市川越の新井清司監督(61)。走者のいる場面をあらかじめ設定されると「実力以外の部分で決まるかもしれない」と懸念し、3年生の最後の公式戦となる夏の大会への導入には疑問を呈した。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

あれよね
浦学にしか興味なかったのにTwitterやグラスラの影響で色んな高校観るようになって楽しいんだけど浦学の対戦相手が好きな高校だとモヤモヤしちゃうのよね

沖縄県読谷村出身で、最速140キロを誇る。スライダー中心の配球で要所を ...
リンク:
タ グ:#スライダー中心 #上尾 #左腕 #最速140キロ #森士監督 #母校 #沖縄県読谷村出身 #浦和学院 #要所 #配球

もっと読み込む...

 

アーカイブ