試合速報はこちら

浦学、浦実に敗れ連覇ならず 中前主将、重圧最後まで仲間鼓舞

 (20日・県営大宮ほか)

 第9日は4回戦8試合が行われ、Aシード浦和実が昨夏の甲子園8強の浦和学院を2-0で退けた。

 浦和実は豆田が2安打完封。四回の竹内の左越え本塁打と五回の長谷川の右前適時打で奪った2点を守り切った。大宮東は島村が満塁弾2本を放ちCシード埼玉栄を9-6で破った。Dシード上尾は狭山ヶ丘の反撃をしのいで6-5で競り勝った。Aシード春日部共栄は4-1で栄北に快勝し、Cシード昌平は坂戸に3-0で完封勝ちした。

 第10日は県営大宮など3球場で4回戦の残り8試合が行われ、16強が出そろう。

浦学、2安打零封負け「ねじ伏せられた」

浦和実に敗れ、泣きながらグラウンドを後にする浦和学院の選手たち

 Aシード浦和実が相手とはいえ、昨夏の甲子園8強の浦和学院がまさかの2安打零封負け。秋、春、夏と今チームは一つのタイトルも取ることなく、終幕した。

 好右腕豆田を攻略することができなかったのが全てだった。「『真っすぐに振り負けるな』と選手たちに言ってきたが、気迫負け。ねじ伏せられた」と森監督は敗戦を受け入れる。想定以上の球威に押し負けた。

 2点を追う九回に意地は見せた。先頭の徳弘が死球で出塁し、1死後に代打の1年生三奈木が左前打でつなぎ1死一、二塁。同点への足掛かりを築いた。だが嶋田は2ボールから打ち上げて一邪飛。じっくり攻めても良かったが、打ち急いでしまった。そして、9番下薗の中飛で万事休した。

 五回に失った2失点目も重かった。1死一塁で遊ゴロを捕球した中前が二塁を踏んで一塁へ送球したが、悪送球で2死三塁とされ、適時打を打たれた。昨秋、今春ともに県2回戦で敗れ、夏に懸ける思いが重圧や焦りとなり、攻守に浦和学院らしさはないままだった。

 昨夏の主力で主将の中前は「『絶対に甲子園に帰るんだ』と臨んだが、甲子園に行くにはいろいろなことが足りなかった。3年間の集大成を出せなかった」とうつむく。埼玉の頂点に立つことの難しさを改めて痛感した夏。悔しさを後輩たちに託した。

(埼玉新聞)

重圧最後まで仲間鼓舞 浦和学院・中前祐也主将

二回表無死一、三塁のピンチで下薗咲也投手に駆け寄る浦和学院の中前祐也主将(右)

 浦和学院の中前祐也主将(3年)は試合終了直後、ヘルメットで目元を隠し、静かに泣いた。

 昨夏、甲子園でプレーした。準々決勝で大阪桐蔭に負けた後、森士監督から主将に指名された。昨年の主将の蛭間拓哉さん(早大)からも「来年はお前に任せる」と言われていたので、驚きはなかった。「今年は自分たちが甲子園に連れて行く」。そう決めていた。

 ゴミを拾ったり、靴をそろえたり。蛭間さんの細かい「気付き」を実践する姿や、声出しなどでチームを率先してもり立てる「アツい」姿を見習ってきた。森監督は「行動で引っ張っていけるタイプで、頼りになるリーダー」と評する。

 新チームは昨秋の県大会で2回戦敗退。「甲子園を経験した分、勝ちたいという気持ちもあってしんどかった」。今春も負けた。個性豊かなメンバーの「一体感」を感じられず、「それでは勝てない」と呼び掛け続けた。技術面では打撃力強化が一番の課題だった。春の県大会後、打撃フォームを見直し、打撃練習の時間も増やした。

 今大会の初戦後、蛭間さんから電話でアドバイスをもらった。「甲子園は気にせず目の前に集中して、次の試合への準備を怠るな」。大きな励みになった。

 この日は、浦和実の豆田泰志投手(2年)を打ち崩せなかった。森監督は「相手の気迫が勝った。でも、選手はよくがんばった」とねぎらった。

 「浦和学院のキャプテンという、先輩方が積み上げてきた名前の重みがあった」と中前君。徐々に培われた一体感で、九回裏には1死一、二塁の好機を作った。「後輩たちには、後悔しないようにやってほしい」。最後まで仲間を鼓舞し続けた主将の声は、かすれていた。

(朝日新聞埼玉版)

浦和学院、連覇逃す 森監督「気迫にねじ伏せられた」

 昨夏代表校の浦和学院(埼玉)がAシードの浦和実に敗れ、2年連続の甲子園出場は果たせなかった。大会屈指の好投手に挙がる相手先発の右腕・豆田から7四死球をもらいながら、要所を締められて散発2安打。零敗を喫した。

 森士監督は「これだけ打てないと手の施しようがない。相手の気迫にねじ伏せられた。勝たせてあげられなくて、監督の不徳の致すところ」と肩を落とした。

(スポニチ)

主将・中前が号泣「歴史に泥を」

 浦和学院は埼玉大会4回戦で、浦和実に0-2で惜敗。相手先発の豆田の前に2安打で零封負けを喫し、2年連続の夏の甲子園出場を逃した。主将の中前(なかまえ)は「今までやってきた練習の成果を出せずに終わった」と号泣。「先輩方が築いてきた歴史に泥を塗ってしまった」と声を震わせた。

(サンスポ)

浦和学院、森士監督「不徳の致すところ」

 34年ぶりのノーシードで挑んだ浦和学院が敗れた。

 2安打完封負けに、森士監督(54)は「彼らは精いっぱいやってくれたと思います。監督の不徳の致すところです。なんとか成果として形にしてあげたかった」と選手たちをねぎらった。

 4打数無安打に終わった主将の中前祐也内野手(3年)は「ストレートに振り負けないようにボールの上を強く叩く対策してきたんですけど、出し切れませんでした」と涙を流した。

 昨年の甲子園8強メンバーだが「去年は先輩たちに連れて行ってもらった。その経験を生かすことができなかった。技術の面では全然だめだったので、一体感だったり連帯感だったりは持ってやってきたけど、出し切れませんでした」と悔しさをにじませた。

 尊敬する昨年主将の蛭間拓哉(早大)に、1回戦後に連絡を取った。「しっかり準備をして後悔ないように。一体感を大切に」とアドバイスを受けた。

 一昨年の冬は蛭間にトスバッティングのペアを誘われ、背中で引っ張る主将の姿を目に焼き付けた。「意識が変わりました。ごみ拾いとか細かいところから自分から率先してやりました」と先頭に立ってチームをまとめた。

 主将を通して「逆境に立ち向かっていく勇気」を得た。この経験を生かして次のステージで悔しさを晴らす。

(日刊スポーツ)

浦和学院が4回戦敗退…浦和実に2安打完封負け

 昨夏の甲子園8強チーム・浦和学院が今夏は4回戦敗退となった。浦和実の背番号20・豆田泰志投手(2年)に2安打に抑えられ、完封負けを喫した。

 主将の中前祐也内野手(3年)は「3年間の集大成として臨んだけれどダメだった」と無安打に終わり、肩を落とした。指揮官就任後初のノーシードで挑んだ夏が終わり、森士(おさむ)監督(55)は「試合は紙一重でしたが、打てなかった。強い浦学を取り戻さないといけない」と厳しい表情で前を向いた。

(スポーツ報知)

試合結果

4回戦(7/20・県営大宮)

TEAM123456789HE
浦和実000110000270
浦和学院000000000021
【学】下薗、伊藤、美又、永島-畑
【実】豆田-竹内
竹内(実)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
⑧7310
中前400
後藤300
300
徳弘300
小櫻200
H吉田100
石谷200
1伊藤000
1美又000
1永島100
H三奈木110
水戸部100
H9嶋田100
①8下薗300
2820
 浦和実打撃成績
位置選手名打数安打打点
秋山400
松村400
長谷川411
竹内421
水谷300
後藤420
遠藤光300
7吉村000
豆田400
吉田320
3372
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院下薗4 1/344201
伊藤1/310001
美又1 1/312000
永島311110
浦和実豆田928340
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院8711109
浦和実7410009

 浦和実は先発豆田が2安打完封。九回の1死一、二塁のピンチも二邪飛と中飛に切って取った。浦和学院は7四死球を得点につなげられず。

コメントを残す

error: Content is protected !!