試合速報はこちら

日本は韓国に敗れ6位 4安打と打線が沈黙 18U世界野球

201209082140.jpg

 第25回18U(18歳以下)世界野球選手権大会は最終日の8日、当地で決勝ラウンドが始まり、韓国との5位決定戦に臨んだ高校日本代表チームは0-3と敗れ、6位に終わった。

 日本は大谷(花巻東)が先発し、7回を2失点、12三振を奪う好投を見せたが、打線が沈黙し、零封負けを喫した。韓国は二回に適時打で先制。五回に加点し、九回の本塁打で突き放した。

 日本は7日の予選2次ラウンドで米国に敗れ、通算成績で2勝3敗に終わり、決勝進出を逃していた。決勝は米国とカナダ、3位決定戦は台湾とコロンビアが争う。

(毎日新聞)

◇5位決定戦

韓国
010010001=3
000000000=0
日本

【日】大谷、佐藤

【日本先発メンバー】
1(右)笹川
2(二)伊与田
3(三)田村
4(投)大谷
5(中)水本
6(一)金子
7(遊)北條
8(左)高橋
9(捕)中道

◇浦学選手の成績

 笹川選手が1番ライトで先発出場し、4打数ノーヒットだった。0-2と韓国リードで迎えた八回表、先発の大谷投手に代わり佐藤投手が今大会初登板。三ゴロ、二ゴロ、三振と三者凡退に抑えた。九回表は4番にソロホームランを浴び苦笑い。5、6番は外野フライ、7番を三振に抑えた。1点は失ったが時折笑顔も見せ、高校生活最後となるマウンドを楽しんでいるように見えた。

<1回>

 日本先発は160キロ右腕の大谷。

 韓国は1番が邪飛。2番、3番が連続見逃し三振。大谷、上々のスタート。

 日本は1番笹川が邪飛。2番伊与田が投ゴロ。3番田村は四球。4番大谷は三邪飛で無得点。

<2回>

 韓国は4番が二ゴロ。5番が四球。6番が左中間への適時二塁打。1点先制。7番は空振り三振。8番も空振り三振で攻撃終了。

 日本は5番水本が三振、6番金子が二飛、7番北條が三振。3者凡退。

<3回>

 韓国は3者三振。大谷は前回から5者連続三振で早くも7個目。

 日本は8番高橋が四球で出塁も9番中道が一ゴロ、1番笹川、2番伊与田が右飛に倒れ無得点。3回まで無安打。

 日本は6番金子が二ゴロ。7番北條が中飛。8番代打田端が投ゴロに倒れ3者凡退。

<4回>

 韓国は3番が四球(その後盗塁失敗)。4番、5番が連続空振り三振で無得点。大谷、毎回の9K。

 日本は3番田村が遊ゴロ。4番大谷は四球。5番水本が中飛。6番金子の右前安打で2死一、三塁。しかし7番北條が遊ゴロに終わり無得点。

<5回>

 韓国は6番が死球。7番が送って1死二塁。8番が左前安打で1死一、三塁。9番は三振。10個目。1番の時、大谷がボーク。2点目。1番は四球。2番は三振。11個目。

 日本は8番高橋、9番中道が連続三振。1番笹川は三ゴロで3者凡退。

<6回>

 韓国は3番が死球、二盗成功。4番は遊直。二塁走者飛び出し併殺。5番は遊ゴロで無得点。

 日本は2番伊与田が三振。3番田村が遊ゴロ。4番大谷が安打で出塁。しかし5番水本は三振で無得点。

<7回>

 韓国は6番が四球。その後二盗。7番は三飛。8番は二ゴロで2死三塁。9番は三振で無得点。

<8回>

 日本は大谷から2番手佐藤にスイッチ。大谷は左翼へ。

 韓国は1番が三ゴロ、2番が二ゴロ、3番が三振で3者凡退。

 日本は9番中道が左前安打。これが3本目。1番笹川は三振。2番伊与田の時、中道が二盗。しかし田村は二ゴロで無得点。

<9回>

 韓国は4番が左翼へ本塁打。韓国3点目。5番、6番は外野フライで2死。7番は三振で攻撃終了。

 日本は4番大谷が二ゴロ。5番水本が右前安打。6番金子は二ゴロで2死一塁。7番北條は四球で一、二塁。8番代打森は左飛に倒れ試合終了。

(日刊スポーツ)

◇9月8日の全試合結果

5位決定戦 日本0-3韓国
3位決定戦 台湾4-1コロンビア
決勝戦 米国6-2カナダ

◇最終順位

1位 米国
2位 カナダ
3位 台湾
4位 コロンビア
5位 韓国
6位 日本
7位 パナマ
8位 ベネズエラ
9位 豪州
10位 イタリア
11位 オランダ
12位 チェコ

0

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。