気持ち新た、夏決戦 148チーム対戦決定 夏季県高校野球大会

 新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった全国高校野球選手権と同埼玉大会の代替大会として、8月8日に開幕する夏季埼玉県高校野球大会の組み合わせ抽選会が21日、さいたま市大宮区のさいたま市民会館おおみやなど東西南北の4地区で実施され、県高野連が22日、組み合わせと詳細日程を発表した。

 ウイルス感染を避けるため、抽選会に選手たちは参加せず、各校の責任教師が出席。出場148チーム(160校)の対戦相手が決まった。中止された今春の選抜高校野球大会の出場校に選ばれていたチームを甲子園球場に招いて1試合ずつを戦う「2020年甲子園高校野球交流試合」に参加する東部地区の花咲徳栄は、8月10日に試合が組まれたことを考慮し、同12日の2回戦から登場する。

 トーナメント方式で争う大会は、東西南北の4地区大会を実施。各地区を制した4チームが、所沢市のメットライフドームで同22、23日に行われる県大会に進む。

気持ち新た 夏決戦 8月23日に県大会決勝

 夏季埼玉県高校野球大会の組み合わせ抽選会が21日、東西南北の4地区で開かれ、県高野連が22日、組み合わせと詳細日程を発表した。大会には148チーム(160校)が出場。12球場を使用する東西南北の各地区大会は8月8日に開幕し、決勝は同18日に行われる。各地区覇者の4チームが、県大会に進出。県大会はメットライフドームで実施し、22日に準決勝、23日に決勝が行われる。

 昨秋の県大会王者で東部地区の花咲徳栄は、12日の2回戦から登場。春日部工と羽生実・松伏の勝者と対戦する。秋の県ベスト8で同地区の春日部共栄は11日の2回戦が初戦となり、八潮南との顔合わせ。花咲徳栄と春日部共栄は、勝てば14日の3回戦で激突する。

 南部地区は、昨秋の県大会で準優勝した西武台が8日の1回戦で大宮光陵の挑戦を受ける。同ベスト4の浦和学院と川口市立は10日の2回戦から登場し、浦和学院が浦和工、川口市立は浦和麗明とのカードに臨む。

 秋の県8強で西部地区の聖望学園は、8日の1回戦で埼玉平成と対戦。北部地区の上尾は9日の2回戦に登場し、熊谷工とぶつかる。

 試合は7回制で、延長の場合は八回から決着するまでタイブレークを適用する。日本高野連のガイドラインに沿って、投手には1週間500球の投球数制限を初めて導入。各チームの選手登録人数は20人で、試合ごとに変更できる。

 新型コロナウイルス感染を防止するため、試合は原則無観客で実施される。ただし、3年生部員1人につき、保護者2人までがスタンドで観戦可能。3年生が20人に満たないチームについては、選手登録された1、2年生部員の保護者も同様に入場できる。

真価問われる 浦和学院・森士監督の話

 大会が開催されることに感謝したい。自粛明けでチームの真価が問われる。一体感が勝負を分けるだろう。3年生中心に戦う予定で、ワンチームになって全力で臨みたい。これまでの集大成を見せていきたいと思う。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ