試合速報はこちら

浦学、勢い止まらぬ13点 浦和麗明にコールド勝ち 夏季県高校野球大会

 第9日は4球場で東西南北4地区の準決勝計8試合が行われ、各地区の決勝進出校が決定。東部地区では、鷲宮が昨夏まで全国高校野球選手権埼玉大会を5連覇し、今夏の「2020年甲子園高校野球交流試合」にも出場した花咲徳栄を延長八回タイブレークの末、8-5で下した。

 同地区の昌平は、11-1の六回コールドで庄和を退けた。南部地区では、浦和実が延長九回タイブレークを制し、5-3で埼玉栄に勝利。浦和学院は13-1で浦和麗明に五回コールド勝ちした。北部地区は本庄第一が4-1で秀明英光を退け、正智深谷も鴻巣に5-0で快勝。西部地区では、星野が武蔵越生との接戦を1-0で制し、狭山ヶ丘は8-3で狭山清陵を破った。

 第10日は18日、県営大宮など2球場で、東西南北4地区の決勝が行われ、県大会の出場校が決まる。

勢い止まらぬ13点 浦和学院

 計11安打13得点の猛攻で一度も主導権を与えず、五回コールド勝ち。森監督は「初回から点が取れたのが大きい」と好調の打線をたたえた。

 一回1死一、二塁から金丸の右前適時打で先制すると、続く5番オコーリが、「甘い球を振り抜いていこう」と内角高めのカーブを左中間スタンドに運ぶ3ランを放ち、4点をリードした。

 勢いの止まらない打線は二回にも2死一、二塁で金丸が2点三塁打を放ち、点差を広げる。四回も打者11人の猛攻で7点を奪うビッグイニングをつくった。

 次戦は昨夏の埼玉大会4回戦で完封負けを喫した浦和実と激突。雪辱に燃える金丸主将は「みんなと協力してここまで来た。浦実を倒して(県大会)準決勝に進みたい」と力を込めた。

(埼玉新聞)

浦和学院、4試合連続のコールド勝ちで南部地区決勝進出

 浦和学院が初戦(2回戦)から4試合連続のコールド勝ちで南部地区決勝(18日)に進んだ。

 初回、オコーリ・ジャスティン・健(3年)の左越え3ランなどで4点を先制すると、2回には金丸斗南(3年)の右越え適時三塁打で2点を追加し、4回にも6安打を集めて7点を加えた。投げては先発の左腕・広咲悠雅(3年)から木藤忠広(3年)とつないで1失点でしのぐと、5回2死から登板したプロ注目の右腕・美又王寿(3年)が、最後の打者を3球で投ゴロに仕留めて試合を締めた。

 「初回から点を取れたのは大きい」と森士(おさむ)監督(56)。この日が大会2試合目の登板となった美又の投球には「投げていないので投げさせたかった。球はよくなっている」とうなずいた。地区決勝の相手は浦和実。昨夏の4回戦で、2年生だったプロ注目右腕の豆田泰志(3年)に2安打完封負けを喫している。「昨年負けている相手、投手なので、束になっていってくれると期待しています」と森監督。主将の金丸も「先輩たちが悔しい思いをしているので、しっかり勝って準決勝へ行きたい」と宣言した。

(スポーツ報知)

浦和学院13得点完勝 オコーリ公式戦初弾

 浦和学院が大量13得点で完勝した。

 初回1死一、三塁から4番・金丸斗南(となみ)主将(3年)の右前安打で早々に先制に成功すると、続く1死一、三塁からオコーリ・ジャスティン・健(たける)外野手(3年)が内角高めの変化球を捉えた。打球は大きな放物線を描いて左中間スタンドへ飛び込む3ラン本塁打。オコーリは「打った瞬間行ったと思った」と確信の一打だった。高校通算では「5、6本目です」というが、公式戦での本塁打は初。最後の夏に出た1本に笑顔を見せた。

 プロ注目の右腕・美又王寿(おうじゅ)投手(3年)は5回2死から登板。3球で最後の打者を投ゴロに打ち取り、試合を締めくくった。

(日刊スポーツ)

試合結果

南部地区準決勝(8/17・川口市営)

TEAM1234567HE
浦和麗明00100  120
浦和学院4207x  13110
【学】廣咲、木藤忠、美又-石崎
【麗】澤野、麻生、籠宮-吉澤
オコーリ(学)
金丸(学)
小倉(麗)里(学)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
432
池田210
小櫻110
金丸334
オコーリ214
④6齊藤000
石崎312
廣咲200
H眞銅110
4友田000
樋口200
H小川100
1木藤忠000
1美又000
211112
 浦和麗明打撃成績
位置選手名打数安打打点
吉澤200
與儀200
島崎200
100
⑧9小畑210
磯辺200
小倉110
8佐藤100
澤野000
H長島000
1麻生000
1籠宮000
H藤田100
飯塚101
1521
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院廣咲423111
木藤忠2/301000
美又1/300000
浦和麗明澤野251306
麻生1 1/340216
籠宮2/320001
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院1622014
浦和麗明4211002

浦和学院は一回からオコーリの3ランなどで4点を奪い、計11安打13得点で五回コールド勝利。浦和麗明は投手陣が踏ん張れなかった。

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx