浦和学院が埼玉栄に13得点 コールド勝ちで県大会へ

 9月10日、浦和学院vs埼玉栄という南部地区を代表する強豪校同士の対決が地区予選代表決定戦で実現。試合は浦和学院が埼玉栄を13対0と圧倒。5回コールド勝ちで県大会出場を決めた。

 1回裏、無死一塁から2番松田大成(2年)の右翼線安打に、一塁走者・吉田匠吾(2年)が相手外野手のスキをついて本塁に生還する好走塁を披露。そして2回裏には7番河原杜吾の本塁打で2点目。3回裏には4番・吉田瑞樹の3ランホームランなど11得点を入れて、13対0と圧倒した。

 投げては最速140キロ左腕・宮城誇南(1年・読谷ボーイズ出身)が4回無失点の好投、5回表には2019年ボーイズ日本代表の小田部夏行(1年)が登板。勢いある直球と鋭い変化球を投げ分け、1回無失点。投打で圧倒し、5回コールド勝ちを決めた。

 森士監督は「この夏は3年生で組み、夏の経験がないチームです。その中でも独自大会の合間に練習試合を行い、1・2年中心に集中的にチーム作りはできました。まだ1年生の体力が足らなかったり課題は多いですが、毎年言っていることですが、秋は勝ち上がりながら成長をしていきたい」とコメント。

 主将・吉田匠、正捕手・吉田瑞を中心に昨秋経験している2年がポテンシャルの高い1年を支える今年の浦和学院はこの秋、優勝を狙えるチームとして注目を浴びそうだ。

(高校野球ドットコム)

浦和学院がコールドで埼玉栄を圧倒 1年生エース宮城が4回無失点

 浦和学院は、1年生ながら「背番号1」を託された宮城誇南投手が先発。最速140キロ左腕は、直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、公式戦初登板とは思えない安定した投球を見せた。4回無失点、被安打1、与四球1。強豪・埼玉栄に二塁を踏ませなかった。

 「浦和学院の1番を付けて情けない投球はできないと思い、しっかり準備しました。頼れる先輩がいるので、緊張というより、やってやろうという気持ちでした。今日は、特に真っすぐが良かったです」と言って宮城は表情を緩めた。

 沖縄・読谷ボーイズ時代に138キロをマークした好素材。「高いレベルで野球がやりたかった」と浦和学院の門をたたいた。目標とする投手は、同校が2013年にセンバツ初優勝を果たした時のエース左腕・小島和哉(ロッテ)。「右打者のインコースへの直球を生命線としているところは、自分も同じです。このボールの精度を高め、追いつけ追い越せで頑張りたい」と宮城。20日から始まる県大会での活躍が楽しみになった。

 打線は、ホームランを放った4番・吉田瑞樹捕手(2年)、7番・河原杜吾右翼手(同)をはじめ、鋭い打球を連発し、計13得点。2016年以来の秋季大会制覇へ、最高のスタートを切った。

(スポーツ報知)

一挙11点、一気に決着 浦和学院

 注目された一戦を、これ以上ない形で制した。南部A組の浦和学院が1年生エースの好投と11安打13得点の猛攻で埼玉栄に五回コールド勝ちだ。

 「1年生の投手を2年生の野手が支えるのがチームプラン」と、森監督が思い描く試合展開となった。スタメン唯一の1年生で公式戦初登板の左腕宮城は直球主体で四回まで1安打に抑えると、強力打線が畳み掛けた。

 圧巻は打者16人を送り込み、一挙11点を奪った三回の攻撃力だ。皮切りは4番吉田瑞の左越え3ラン。さらに長打だけではなくコースを見極め、連続押し出し四球で得点を重ねる場面も光った。

 投打がかみ合った大勝に、宮城は「頼りになる先輩たちが多いので自分の投球ができた」と力を込め、主将の吉田匠も「一人一人の役割を追求してチームを高めていく」と県大会へ気合を入れ直した。

悔しい経験糧に 埼玉栄

 浦和学院に1安打に抑えられた埼玉栄の山田監督は、「全てにおいて完敗」と脱帽。四回途中から登板したエース右腕塚本も「スイングが強くて決まった球でも打たれてしまった」とコースを丁寧に突いたが、相手の強打を封じることができなかった。それでも主将で4番も担う塚本は「大きな経験になった。反省して春に向けて切り替えたい」と必死に前を向いた。

(埼玉新聞)

試合結果

南部A組代表決定戦(9/10・県営大宮)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
埼玉栄 0 0 0 0 0         0 1 3
浦和学院 1 1 11 0 x         13 11 0
【浦】 宮城、小田部-吉田瑞
【埼】 林、本田、塚本、下-花輪
河原、吉田瑞(浦)
高松2、鍋倉(浦)


拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

あれよね
浦学にしか興味なかったのにTwitterやグラスラの影響で色んな高校観るようになって楽しいんだけど浦学の対戦相手が好きな高校だとモヤモヤしちゃうのよね

沖縄県読谷村出身で、最速140キロを誇る。スライダー中心の配球で要所を ...
リンク:
タ グ:#スライダー中心 #上尾 #左腕 #最速140キロ #森士監督 #母校 #沖縄県読谷村出身 #浦和学院 #要所 #配球

もっと読み込む...

 

アーカイブ