試合速報はこちら

ロッテ・小島が3回無失点で開幕ローテ入りへ前進

 ロッテ2-0オリックス(オープン戦=3日)

 ロッテの3年目、小島がオープン戦に初先発し、3回無失点と好投した。「シーズンに入ったら、相手も研究してくる。いつもとは違う攻め方をしよう」と、二回にはジョーンズに対して得意のチェンジアップを封印し、直球だけを続けて三振を奪うなど、開幕後を見据えた投球を見せた。先発ローテーション入りへ、調整は順調のようだ。

「いつもしない攻め方を」0封も淡々

 昨季7勝の実績が自信に表れている。ロッテ・小島が無得点に抑えた3イニングは開幕を見据えた試験的な投球だった。「今しかできないことがある。0点にこだわらない」。3年目で先発枠を争う立場を感じさせず、淡々と収穫を手にした。

 二回、吉田正に緩いカーブを3球続けた。生命線の直球を生かす新球という。見逃し三振としたジョーンズへの全7球が内角直球のサイン。「シーズンに入れば相手も研究してくる。いつもしない攻め方をやろうと田村さんと話し合った」と明かした。

 投球の幅を広げた先に、初の規定投球回到達という目標がある。井口監督も「今年はずっと球が来ている。彼は(課題は)立ち上がりだけ」と評価。左の先発として、中村稔やドラフト1位の鈴木(法大)との争いから一歩抜け出た格好だ。

(デイリースポーツ)

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。