試合速報はこちら

千葉ロッテ・小島和哉投手、プロ初完封で自己最多8勝目

 ロッテ小島和哉投手(25)がプロ3年目で初となる完封勝利を挙げた。自身では早大4年秋、18年10月15日の東京6大学野球リーグの明大戦以来、1070日ぶりの完封となった。

 井口監督に聞かれ「行きます」と向かった、9回のマウンド。声を出しながら投げた。「声を出さないとまっすぐが行かなかったので。全部、声出していました」。4安打1四球6奪三振の完封に「3年目でやっとできたので、素直にうれしいです」と喜んだ。

 これで自己最多を更新する8勝目になった。弱気にならぬよう、帽子のつば裏には「強気に攻めろ!」と書き入れている。この日も何度も見ながら、自分に刺激を入れて投げ抜いた。「明るい雰囲気で、その中でも締まりがあって。すごく良い雰囲気だと思うので、この流れでどんどん勝っていければと思います」。しっかりと映像でこの日を振り返り、9勝目を狙うマウンドへ向かう。

小島和哉(おじま・かずや)

 1996年(平8)7月7日生まれ、埼玉県出身。浦和学院で甲子園に3度出場。13年センバツでは2回戦で土佐を完封するなど5勝0敗、防御率0・64でチームを初優勝に導いた。早大では2、4年秋に最優秀防御率に輝き、リーグ通算22勝(4完封)。4年時には主将を務めた。18年ドラフト3位でロッテ入団。177センチ、85キロ。左投げ左打ち。今季推定年俸3400万円。

(日刊スポーツ)

ロッテ、プロ3年目の孝行息子・小島、前回初完投に続き初完封8勝

 シーズン終盤に大仕事だ!!早大から入団3年目のロッテ・小島(おじま)和哉投手(25)が19日、日本ハム17回戦(札幌ドーム)で4安打無失点に抑え、プロ初の完封勝利を飾った。前回登板のプロ初完投に続く好投で、シーズン自己最多の8勝目をマーク。チームは最短で22日に優勝へのマジックナンバー22が点灯する。

 飛躍の時を迎えようとしている。小島がプロ3年目で初完投(1失点)した前回11日の登板に続き、今度は初完封。九回2死で高浜を二直に打ち取って試合を締めると、頰を緩めた。

 「すごく疲れました。3年目でやっと(完封)できたので。まあ、素直にうれしいです」

 日本ハム打線を相手に4安打無失点。五回2死まで無安打に抑え、最も多いアウトは内野ゴロで11個を数えた。115球の熱投。低めの制球がさえた。

 沖縄・石垣島での春季キャンプ中、ドラフト1位・鈴木(法大)に練習の流れを親切に教える優しい性格。一方、帽子のひさしの裏に「強気に攻めろ!」と書き込み「ピッチャーなので常に孤独になる。マウンド上では誰も助けてくれない。弱気にならないように、ルーティンのように見ています」と気持ちを奮い立たせている。

 もうひとつのルーティンは、試合中に摂取する梅干しだ。「家から持ってきましたよ」と遠征時も持参。疲労回復成分のクエン酸を多く含んでおり、イニングごとに食べ続けた。半身浴も取り入れ、2週連続の好投につなげた。

 眼下の敵、オリックスに2・5ゲーム差をつけて首位。20、22日に連勝し、オリックスが連敗すると、22日に優勝へのマジックナンバーが22で初点灯する。

 「(チームは)明るい雰囲気で、その中でも締まりがあってすごく良い雰囲気。この流れでどんどん勝っていければ」

 小島はシーズン自己最多で、チームトップタイの8勝目を挙げた。残り30試合。左腕の躍進とともにVへ突き進む。

(サンスポ)

3年目飛躍の時 小島プロ初完封

 飛躍の時を迎えようとしている。ロッテの小島がプロ3年目で初完投した前回11日の登板に続き、今度は初完封。115球で4安打1四球と危なげなく投げ抜き、昨季を上回る自己最多の8勝目を手にし「すごく疲れた。終盤は声を出さないと直球が行かなかった」と余韻に浸った。

 課題のスタミナ不足を発想の転換で克服した。「ボール球をできるだけ投げない」と意識し、無理に四隅を狙わずにストライクゾーンで勝負し打たせて取った。一回は5球で三者凡退、二回も10球で終えて余力を残した。

 攻めの投球が自信につながり、苦手だった主軸3人を無安打に抑えた。特に過去の対戦打率5割の近藤は4打席を計15球で料理し、ボールになったのは2球だけだった。

 浦和学院高から早大を経てドラフト3位で入団。1年目から日々の収穫と課題を記してきたノートが成長を支える。苦手の札幌ドームの高いマウンドに過去の経験を生かして適応した。「感覚で終わらせない。前回の試合も何で良かったかを自分の中で考えた」とうなずいた。

(埼玉新聞)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。