試合速報はこちら

記録から見た選抜出場校 守備堅い浦和学院

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)に出場する32校が決まった。昨秋の公式戦成績からチーム、選手の戦力を分析した。

大阪桐蔭は投打充実 佐々木の花巻東は強力打線

 明治神宮大会覇者の大阪桐蔭は投打に充実している。打線はチーム打率4割5厘を誇る。1試合の平均得点は9・3。15試合で計17本塁打と破壊力がある。サウスポーの前田が軸になる投手陣は、1試合の平均失点が1・6と安定感は抜群だ。

 東北大会王者で、注目の大型スラッガー、佐々木を擁する花巻東(岩手)は14本塁打と打線が強力。犠打飛は最多の43を数える。1試合平均得点は10・5で出場校中、唯一の10点台だ。

 九州大会で優勝し、長距離打者の佐倉がけん引する九州国際大付(福岡)は最多の18本塁打をマーク。関東大会を制した明秀学園日立(茨城)は14本塁打を放った。10試合で失策がわずかに3と守備も堅い。浦和学院は9試合で3失策と安定した守備が強みだ。

 チーム打率は山梨学院が4割9厘でトップ。倉敷工(岡山)も3割8分9厘と高打率だ。

クラークは投手力

 北海道大会王者のクラークは山中、辻田が左右の二枚看板。1試合の平均失点は1・2と安定している。聖光学院(福島)は1・4、鳴門(徳島)は1・6、木更津総合(千葉)は1・7と投手陣が強力だ。

 機動力が光るのは和歌山東。10試合で計33盗塁を積み重ねた。大垣日大(岐阜)は30盗塁、中国大会優勝の広陵(広島)も29盗塁で足技を絡めた攻撃が持ち味だ。

選抜出場校チーム成績

出場校



H
R



クラーク98108.01.2.364228177
花巻東14131010.53.5.34814431915
聖光学院109105.11.4.267126137
明秀日立109109.62.3.3501420213
浦和学院98106.92.8.35212543
木更津総合1110109.81.7.3536292010
山梨学院98109.62.1.409726125
國學院久我山98107.82.7.346331227
二松学舎大付87108.11.8.355423206
星稜109106.83.0.3014191910
敦賀気比97207.13.2.3602231410
大垣日大97205.82.3.295213308
日大三島1110106.62.8.325740147
京都国際87107.52.8.369416186
大阪桐蔭1515009.31.6.40517301812
金光大阪108204.22.9.27702148
東洋大姫路97203.01.8.291025116
天理86208.53.6.36076247
和歌山東108206.03.2.300321336
市和歌山54104.42.0.27921335
倉敷工109109.32.4.389227156
広陵1412208.53.1.3415282915
広島商1110108.03.9.331134257
鳴門76107.31.6.32422384
高知97205.72.7.304219714
九州国際大付1413108.92.1.3381831157
有田工86204.53.6.300019109
長崎日大86207.83.4.3593181510
大島119115.63.5.2871221218
只見43104.04.5.23411386
丹生53205.66.6.273114912
大分舞鶴74217.13.9.31829154

※得点、失点は1試合平均、浦和学院は1試合の不戦勝を含む

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx