誇り胸に 県勢3選手、25日からアジアAAA選手権

 高校生年代で争う第8回アジアAAA野球選手権大会(25-29日・韓国)の日本代表18人に埼玉から、島津裕真内野手(浦和学院)、芹沢拓也投手(埼玉栄)、西村祐希捕手(春日部共栄)の3人が選ばれた。メンバーは千葉県で合宿(19-23日)を行い、本番に備えた。

 グラウンドでの表情は生き生きとしていた。「わくわくしている」と3人。初の日本代表を楽しみにしている。はじける笑顔には、誇りと充実感が漂った。

 21日の千葉県大学リーグ選抜との練習試合は島津と西村が先発。2-4の八回、島津が同点打を放つなど5-4で逆転勝ち。22日の同選抜とのゲームには芹沢が七回1死一、二塁から登板。4失点したものの、八回は三者凡退に抑えた。4-5で敗れたが、収穫は大きかったようだ。

 代表は関東1都7県から選出された。長身左腕の真下貴之(千葉・東海大望洋)や、スラッガーの筒香嘉智(神奈川・横浜)らプロ注目のそうそうたる顔触れ。指揮は浦和学院の森士監督が執り、川口の冨沢雅浩監督がアシスタントコーチで参加する。浦和学院で主将だった島津は日本代表でもキャプテン。「みんなチームの中心だったのでまとめやすい」と話す。

 大会は1994年に始まり、隔年ごとに開催。覇権争いだけでなく、野球後進国への振興も目的とする。

 今回は全国高校選手権に出場できなかった選手で構成。関東選抜で臨むことになった。日本や韓国、中国など6カ国がA、B組に分かれて予選リーグを行い、決勝トーナメントを争う。

 立ちはだかるのはホスト国・韓国か。これまで決勝トーナメントで3度戦って2勝1敗と勝ち越し。第6回大会の決勝では、延長十回の末に5-4で競り勝った相手だ。森監督は、「投げて守って、打って走って勝つ」と優勝に照準を定めた。

 国際大会初参加の芹沢は、「他県の投手は格が違う」と圧倒されながらも、「アクセントを付けられれば」と役割を自覚する。西村は「新鮮。好配球したい」と凛(りん)とした表情を見せた。不慣れな木製バットにも島津は、「芯に当てれば、あまり違いはない」と力を込めた。

http://www.saitama-np.co.jp/news08/25/02s.html

(埼玉新聞)

◇出場チーム
A組…日本、韓国、中華台北
B組…中国、タイ、スリランカ

◇試合会場
木洞野球場

◇試合日程
▼8月25日
14:30 中国-タイ
18:30 中華台北-韓国
▼8月26日
14:30 タイ-スリランカ
18:30 日本-中華台北
▼8月27日
14:30 スリランカ-中国
18:30 韓国-日本
▼8月28日
10:30 B組2位-B組3位(5・6位決定戦)
14:30 A組2位-A組3位(準決勝)・・・①
18:30 A組1位-B組1位(準決勝)・・・②
▼8月29日
10:00 ①の敗者-②の敗者(3・4位決定戦)
14:00 ①の勝者-②の勝者(決勝戦)
▼8月30日
予備日




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦志強:理解康辉的本意想说84年签署的联合声明,到97年香港完成回归,就已经履行完毕了,所以他用“过时”形容那份“合同”。但他不该接着又说声明是“无效”文件,无效合同的原则是恢复原状,原先咋样还咋样。那香港岂非要交回英国?该学点法律常识。

もっと読み込む...

 

アーカイブ