浦和学院が15年ぶりの優勝 1年佐藤が投打に活躍

<高校野球秋季関東大会:浦和学院5-4東海大相模>◇決勝◇5日◇大宮公園球場

 浦和学院(埼玉)がサヨナラで東海大相模(神奈川)を破り、15年ぶり2回目の優勝を果たした。4-4で迎えた9回裏1死満塁から日高史也内野手(2年)が中前に抜けるサヨナラ安打を放った。

 森士監督は「内容的にはあまりほめられたものではありませんが、勝てたということを収穫にして次につなげたい」と話した。今後の課題としては「勝負どころでの終盤の踏ん張り」と、8回に同点に追いつかれた守りのミスを挙げた。

 今大会からユニホームを日本代表と同じ縦じまにモデルチェンジ。まずは13日開幕の明治神宮大会で全国デビュー。出場を確実にした来春センバツへと勢いをつなげる。

◇浦学1年佐藤が投打に活躍

 浦和学院(埼玉)の1年生エース、佐藤拓也投手が粘り強い投球で優勝を呼び込んだ。同点の9回表、1死二塁のピンチで相手の3、4番を気迫あふれる投球で三振、中飛に打ち取り、その裏のサヨナラ勝ちにつなげた。

 鹿島中時代は軟式野球部に所属。2、3年時に関東大会ベスト8の実績を持つ。今夏の大会は野手でベンチ入りした。身体能力にすぐれ打順は1番。この日もマウンドを守りつつ2安打1四球でリードオフマンとしての役割も果たした。

 今大会は3試合すべて先発し完投。171センチ、71キロと小柄だが130キロ台中盤の速球とスローカーブ、カットボール、ツーシームで打者をほんろうする。

 「気持ちで負けないように投げました。入学してこんなに早く活躍できると思っていませんでした。びっくりしています」とまだあどけなさの残る顔をほころばせていた。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日浦学で4限現文の授業してたら私廊下側の1番前の席なんだけどいきなりドアが動いてなんだろうって思ったら5歳ぐらいのおかっぱの赤い服着ててのっぺらな女の子が教室をじっと見てるの。そして入ってきたら先生の方見ててまた歩いたと思ったら消えたんだ。そしてそれをなんで模写してたんだ私。下手

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もういっちょ大学野球選手権より。#明大 の西野捕手(浦和学院)は2015年の高校生捕手の中でも屈指の強肩だった。郡司(仙台育英→慶大)、堀内(静岡→楽天)、伊藤’(中京大中京→法大)と打力も高い3選手が結果的に選ばれたが、もし夏も浦学が甲子園に出ていたなら、選考はもっと揉めていたはず。

もっと読み込む...

 

アーカイブ