浦和学院、エース不調も“打”に光明 春季高校野球県大会

 (29日・上尾市民ほか)

 第5日は3回戦の4試合が行われ、浦和学院、春日部東、所沢商、川口が8強進出を決めた。

 所沢商は六回に斉藤の適時打で突き放し、白岡の追撃を3-2で振り切った。2回戦で第2シード花咲徳栄を下した川口は、丸山の2点三塁打で逆転し、滑川総合との接戦を3-1で制した。春日部東は四回に松尾の中前打と押し出し四球で2点を勝ち越し、立教新座に4-2と逃げ切った。3年ぶりの優勝を狙う第1シード浦和学院は12安打9得点の猛攻で所沢北に圧勝した。

 第6日は30日、県営大宮と上尾市民で3回戦の残り4試合を実施し、ベスト8が出そろう。

◇エース不調も“打”に光明 浦和学院

 12安打9得点。浦和学院打線が徐々に本来の力強さを取り戻してきた。

 上尾との2回戦は合わせにいく打撃が目立ったが「練習から大振りするぐらいのフルスイングを意識してきた」と3安打の西岡。一回に佐藤の2点打で先制すると三回には4安打に盗塁など機動力も絡め4点を奪った。

 先発佐藤はキレ、制球とも本調子ではなく4回を1失点ながら被安打7。ただ森監督は「全体的にまだまだ」としながらも「佐藤が良くない中で打線はよくカバーした」と収穫も口にしていた。

■3回戦

所沢北
0010000=1
204111x=9
浦和学院

(7回コールド)

【所】小田、加藤、小林-中沢
【浦】佐藤、野村、小島-林崎

▽二塁打 笹川(浦)

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ