記事の詳細



201206241350.jpg
【写真】参加者に打撃の指導をする鈴木さん=23日午後、さいたま市浦和区の市営浦和球場(埼玉新聞)

 障害がある人たちにもスポーツを楽しんでもらおうと、さいたま市浦和区の市営浦和球場で23日、元プロ野球選手による野球教室が開かれた。

 野球教室は市主催で、県障害者スポーツ協会が運営。今年で6回目。市内在住、在学、在勤の障害者ら約50人が参加した。

 この日は、埼玉西武などで活躍した鈴木健さん(42)と小野和幸さん(50)が指導。キャッチボールの際は「ボールを軽く握り、力を抜いて投げる」などと声を掛けながら、約2時間半にわたって打撃練習や投球練習などに汗を流した。

 参加した上尾市の中学3年新井棟矢君(14)は「ボールの持ち方とかが分かって、勉強になった。少しうまくなった気がした」と笑顔。さいたま市大宮区の高校2年小沢綾奈さん(16)は「体を動かすのが好き。すごく楽しかった」と話していた。

 鈴木さんらによると、障害者を対象にした野球教室が開かれることは、全国でも少ないという。「垣根をなくして触れ合っていき、野球の楽しさを伝えていきたい」と鈴木さん。小野さんは「障害者だからと気にすることなく、自分のレベルに合わせて体を動かしてもらいたい」と話していた。

(埼玉新聞)

拍手する


関連記事

  1. まとめtyaiました【元埼玉西武・鈴木健さん(8期生)ら、障害者に野球指導】

    【写真】参加者に打撃の指導をする鈴木さん=23日午後、さいたま市浦和区の市営浦和球場(埼玉新聞) 障害がある人たちにもスポーツを楽しんでもらおうと、さいたま市浦和区の市営浦和球場で23日、元プロ野球選手による野球教室が開かれた。  野球教室は市主催で、?…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る