浦和学院、下位打線に課題 高校野球埼玉大会2回戦

(12日・県営大宮ほか)

 第2日は9球場で1、2回戦計20試合を行い、本格的な熱戦が始まった。Aシード埼玉栄の本間大暉(だいき)投手が2回戦の浦和東戦で、夏の大会史上19人目となる無安打無得点試合を達成した。

 左腕本間は九回1死まで走者を一人も許さない完全試合ペース。次打者に四球を与え完全試合こそ逃したが、後続を併殺に打ち取った。6奪三振と打たせて取る投球が光った。チームも5-0で快勝した。

 そのほかのシード勢も順当勝ち。Aシード南稜は高瀬、佐野の継投で栄東を3-0で完封。Cシード浦和学院は小鹿野に6-0と快勝した。Dシード滑川総合は浦和工に、Dシード所沢北は浦和商にそれぞれコールド勝ち。三郷は日高を3-0で下し、23年ぶりに夏の勝利を挙げた。坂戸西は2-2の九回に2点を奪い、川越初雁に競り勝った。

 第3日は13日、県営大宮など8球場で1、2回戦計18試合が行われる。

◇下位打線に課題 浦和学院

 春夏連続の甲子園を目指し順調な滑り出しを見せたが、森監督は「打線が課題」と渋い顔だ。

 「4番を打たせてもらったのでチャンスで絶対かえそうと思った」という山根が3安打3打点と活躍。しかし、5番以降が無安打と打線がつながらず、ナインの表情は浮かない。

 佐藤、山口の甲子園経験者と、1年左腕小島の3投手は危なげなし。エース佐藤は「球種に関係なく腕を振れた」。投打のバランスはまだまだだ。

◇強敵相手にも「勝つ気だった」 小鹿野

 3年生5人、1年生15人の小所帯で今春の選抜8強相手に最後まで食らい付いた。一回、先頭打者の坂本主将がこん身の二塁打。抽選会翌日からの佐藤、山口対策が実を結んだ。投手の樋口も「全員が勝つ気でいた」と変化球を多用し大量得点を許さず抑えた。得点はならなかったが、全校応援の前で「自分たちの全部を出し切った」(坂本)という内容で9回を戦い抜いた。

■2回戦(7月12日)

小鹿野
000000000=0
10102200x=6
浦和学院

【浦】佐藤、山口、小島-林崎
【小】樋口、星-田島

▽三塁打 佐藤(浦)
▽二塁打 坂本(小)山根(浦)

【浦和学院】
⑥ 竹 村3-2-0
② 林 崎2-1-1
①8佐 藤4-2-2
⑦ 山 根4-3-3
⑧9石 橋3-0-0
④ 森 戸4-0-0
⑤ 高 田3-0-0
1 小 島0-0-0
③ 明 石3-0-0
⑨ 西 岡2-0-0
1 山 口0-0-0
H5吉 川1-0-0

(打数-安打-打点)

安 打:浦8、小2
失 策:浦0、小4
三 振:浦1、小12
四死球:浦4、小1
盗 塁:浦3、小0
犠 打:浦4、小0
併 殺:浦1、小0
残 塁:浦7、小2

 浦和学院は上位打線が8安打6打点。長打にスクイズも絡めて着実に加点した。投手陣は3人で無失点リレー。小鹿野は2安打に終わった。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ