<浦和学院だより>比叡山と練習試合 打線好調11得点

201303200700.jpg
【写真】比叡山との練習試合で7回を5安打1失点に抑えた浦和学院のエース小島=19日午前、兵庫県西宮市のビーコンパークスタジアム(埼玉新聞)

 チームは19日、兵庫県西宮市のビーコンパークスタジアムで比叡山(滋賀)と、選抜大会開幕前最後の練習試合を行い、11-2で快勝した。

 1-1の二回、小島のスクイズで勝ち越すと、三回には山根の二塁打と木暮の2ランで3点を追加。その後も加点し12安打で11得点を奪った。先発したエース小島は7回を5安打1失点にまとめた。

 2度のスクイズ失敗など、細部で課題はあったものの、最終戦をまずまずの内容で締めくくり、森監督は「全体的に感覚をつかみつつある」と一定の手応えを口にした。

 土佐(高知)との初戦まで4日間の練習を残すのみで「最高のパフォーマンスが発揮できるように、技術も頭も心も整えて備えたい」と指揮官。チームはいよいよ、総仕上げの段階に突入する。

◇初回の失点悔やむ 小島

 7回を5安打1失点。結果的には合格点だが、投げ終えた小島は「やっぱり初回ですよね」と自らに言い聞かせていた。

 一回、無死一塁から自身の好守備でバントを併殺に仕留めた。しかし3番に中前に運ばれると盗塁、安打で1-1に追い付かれた。二回以降は堂々たる投球を見せただけに、惜しまれる失点だ。

 課題の立ち上がりの悪さを解決すべく「試合前の投球練習から打者を想定したい。初回に取られなければ、いい形でいける」。頭が良く、修正能力の高いエースが初戦のマウンドで答えを出す。

◇自身も納得5回の一打 木暮

 木暮が2安打4打点と5番の役割を果たした。

 三回、初球のカーブを左翼スタンドに2ラン。だが「肩口からの球を引っ掛けて、たまたまホームランになっただけ」と首をかしげた。五回は走者を2人置き、「詰まってもいいからセンターにもっていった」と、同じような内角直球を今度は中堅左へ、自身も納得の2点二塁打を見舞った。

 反省点をきっちり次打席に生かす打撃センスは健在。「山根、高田は警戒されているので自分で勝負してくる。そこで打ちたい」と意気込んだ。

▽練習試合

浦和学院
113020004=11
100000001=2
比叡山(滋賀)

【浦】小島、涌本-西川、田畑
【比】林慎、高坂-吉岡

▽本塁打 木暮(浦)多湖(比)
▽三塁打 西川(浦)
▽二塁打 山根、竹村、木暮(浦)

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

同じ高卒右腕で浦学渡邉が評価されるにつれて引地の名前が全然聞かれなくなってきたよね
両方ともいい投手だと思うが

🍚【#浦和学院】3食を共にして掴み取った5年ぶりの夏の甲子園⚾️
これまで数多くのプロ選手を輩出してきた名将・森監督の育成法に迫ります。

・野球部専用食堂でカラダづくり💪
・目標体重は「身長ー95」📏
・自前の畑で野菜を収穫🍆
https://t.co/Bm9nFbmD65

#高校野球

根尾が7球団競合するなら避けてもいいと思うな、小園や浦学の渡辺にいくのもあり。

ここからの駆け引きがドラフトだね☺️

今回は徳栄も浦学も出てないから相当舐められてたみたいだけど、その人たちに対してほら見ろと言わんばかりの勝利

もっと読み込む...

 

アーカイブ