NHK首都圏ネットワークの2013甲子園特集で浦和学院が紹介されました

 8月6日、NHK「首都圏ネットワーク」番組内の関東の甲子園出場校を紹介する特集で浦和学院が紹介されました。

2013080622451020130806224511  2013080622451220130806224513  2013080622451420130806224515

 午前5時から厳しいトレーニングを積んでいる浦和学院。体と心を鍛え抜き、春のセンバツ優勝に続いて甲子園出場を決めました。

 春の優勝におごることなく、チームの目標はただ一つ。夏の甲子園制覇です。毎回、練習の前には全員で日本一への決意を新たにします。

 “俺の強固な決意を、妨げることも、阻止することも、押さえつけることもできない”

 その決意は県大会決勝でも表れていました。

2013080622451620130806224517  2013080622451820130806224519

 実況「大きな喜びの表現はありません」

 埼玉160校の頂点に立ち、甲子園への切符を手にしても、チームにガッツポーズはありませんでした。

 山根主将「夏の甲子園での優勝が一番の自分たちの目標なので、また甲子園で優勝したときに思いきり喜ぼうとみんなで決めました。」

2013080622452020130806224521  2013080622452220130806224523

 センバツ優勝以降、公式戦では負けなしの21連勝と勢いに乗る浦和学院。快進撃の原動力は2年生エースの小島和哉投手。センバツでは5試合すべてに先発し、抜群の安定感でチームを優勝に導きました。

 体力強化のため、1日に食べる米の量はどんぶりおよそ10杯分。春から体重は3キロあまり増加しました。球速も最速143キロと着実にレベルアップ。打者の内角を思い切り突く投球を武器に、埼玉大会では完全試合も達成しました。

 小島投手「全球入魂で投げた結果が勝ちにつながると思うので、自分の役割をしっかり果たしたいと思います。」

2013080622452420130806224525  2013080622452620130806224528  2013080622453020130806224531

 打撃も破壊力のあるバッターが揃います。中心は4番の高田涼太選手。去年の秋から取り入れているのがゴルフの練習です。毎朝100球以上を打ち込み、止 まっているボールを体の正面で打つ感覚を体に覚え込ませます。カーブやスライダーなど、変化球を芯で捉えるイメージが身に付きます。

 高田選手「体の真ん中でターンするということにゴルフ打ちはいきている。この夏の甲子園ではすべてを発揮して、一戦必勝の中で優勝を狙いたいと思います。」

 森監督「春勝てた喜び、勝つというのはこんなに素晴らしいのかと感じている中で、夏も貪欲に勝ちを目指していきたいと思います。」

 全国制覇に懸ける思いを胸に、選手たちは甲子園に挑みます。




     拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ