浦学野球部をイメージしたCD「プレイボール」が発売

201403122239

 昨年夏の甲子園。選抜優勝を果たした本校野球部は、春夏連覇の重圧を背負って、交流を深めてきた被災地宮城県と戦った。試合内容は、ご記憶の通り、双方譲らずの好ゲーム。試合は10対11で敗退したものの、本校に対する称賛の声は高まった。

 この曲を作詞・作曲した水岡のぶゆきさんもその一人であった。知人を通して、本校野球部と出会った水岡さんは森監督と野球部員たちに、この素晴らしい曲をプレゼントしてくれたのだ。曲名は、「プレイボール」。浦学の戦い方、敗れた後のマナーに、感動してオリジナル曲を作ってくれたという。奥様のCAMARUさんの美声が、その曲を聴く人々を魅了させる。「プレイボール」が入ったアルバム「夢歩きて」が、発売された。

 本校事務室でも、アルバムの取り次ぎを行います。1枚2,000円(税込)。是非、浦学野球部のイメージソングをお聞き下さい。

(浦和学院高校公式ホームページ)

CAMARU「夢 歩きて」
(2014年2月28日発売)
61p0FfLSNkL

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

【全27アウト】浦和学院・小島和哉、完全試合 第95回全国高校野球埼玉大会準々決勝
https://t.co/FPr6z3POS8
#完全試合
#浦和学院
#小島和哉

スーパーシードの高校って意外とあっさり負けて選抜逃すイメージある(いつかの浦学もそうだった)

外れ一位は浦学渡邉か早実野村か天理の太田で

望月、才木、浜地、牧とスケール感溢れる高校生投手を指名し続けてきた流れは今年も継続したい。欲を言えば左腕だが今年は人材に乏しいので右腕が現実的。ドラ2で浦学渡邉もしくはドラ3で倉商引地が余っていたらどちらかは獲りたいところだが、どちらも予測順位よりひとつ前で消えてしまう可能性大

もっと読み込む...

 

アーカイブ