浦和学院、今季初の公式戦でコールド勝ち 二番手・岸が6回無失点

 昨春のセンバツ優勝校・浦和学院が、春季埼玉県大会の南部地区2回戦(市営浦和)で今季初の公式戦に登場。大宮北を9-0の7回コールドで下した。

 プロ注目の左腕・小島(おじま)和哉(3年)は登板しなかったが、同じく左投手の岸圭汰(3年)が6回を3安打無失点と好投。森士(おさむ)監督(49)は「(夏へ向け)小島以外の投手を少なくとも2人は作っていくことが課題。岸はここに来て成長著しい。こういう形で力を出してくれれば、チームが活性化する」と期待を込めていた。

(スポーツ報知)

◇浦和学院、小島温存でコールド勝ち

 浦和学院が昨年のセンバツ優勝左腕・小島和哉投手(3年)を温存し、9-0で7回コールド勝ちした。

 初回、5連打などでいきなり8点を奪うと2回にも1点を追加。投げては岸圭汰投手(3年)が6回を3安打無失点に抑えた。森士監督(49)は「いいところも悪いところも半分ずつ出た試合でした。ここからどうやってあげていくのかが課題ですね」と振り返った。小島は6番右翼で先発し、3打数2安打だった。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ