浦和学院、逆転勝ちで準々決勝進出 初回先制されても慌てず

 今春センバツ4強の浦和学院が5回戦で市立浦和に逆転勝ち。2年ぶり夏頂点へ向け、準々決勝に進出した。

 初回に1点先制され、昨秋、今春ともに県大会を制した浦和学院が今夏初めてリードを許す展開。だが3回には高橋、荒木の連続適時打で3点を奪い一気に逆転すると、4回にも津田の適時二塁打などで3点奪い突き放した。9回にも犠飛で1点を追加しダメ押しした。

 25日には熊谷と4強をかけて対戦する。

(スポニチ)

◇浦和学院8強入り 4番高橋が4安打
三回1死満塁、浦和学院・高橋は右前に同点適時打を放つ

三回1死満塁、浦和学院・高橋は右前に同点適時打を放つ

 今春センバツ4強の浦和学院が快勝し、2年ぶりの8強入りを決めた。

 1点を追う三回、4番・高橋司外野手(3年)の右前適時打で追いつくと、5番・荒木裕也外野手(3年)も左前に2点適時打で続いて勝ち越し。四回にも高橋の2打席連続適時打などで3点を加えた。

 先発した左腕・小倉匡祐投手(3年)は、立ち上がりこそ1点を失ったものの、8回を4安打1失点と要所を締めた。

 今大会3試合目の4番起用に4安打で応えた高橋は「どこでも役割を果たすだけ。打てて良かった」と笑顔。先制を許しながら、冷静な戦いぶりを見せたナインに、森士(おさむ)監督も「こういう試合も慌てないでやれるようにならないと。ピッチャーも落ち着いて投げていたし、攻撃もワンチャンスで逆転に持って行けたのはよかった」と、及第点を与えていた。

(デイリースポーツ)

◇浦和学院、逆転勝ち 小倉が要所締め8回1失点

 浦和学院が、先制されるも3、4回に3点ずつを挙げ完勝で準々決勝へ進んだ。

 先発した小倉匡祐投手(3年)が8回を投げ4安打1失点。4回と6回に満塁のピンチを迎えたが、要所を締めた。森士監督(51)は「小倉は守備に足を引っ張られて、力むかと思ったがよく投げた。打線については、あと1本というシーンがいくつかあった。そのあたりが課題」と語った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ