浦和学院、逆転勝ちで準々決勝進出 初回先制されても慌てず

 今春センバツ4強の浦和学院が5回戦で市立浦和に逆転勝ち。2年ぶり夏頂点へ向け、準々決勝に進出した。

 初回に1点先制され、昨秋、今春ともに県大会を制した浦和学院が今夏初めてリードを許す展開。だが3回には高橋、荒木の連続適時打で3点を奪い一気に逆転すると、4回にも津田の適時二塁打などで3点奪い突き放した。9回にも犠飛で1点を追加しダメ押しした。

 25日には熊谷と4強をかけて対戦する。

(スポニチ)

◇浦和学院8強入り 4番高橋が4安打
三回1死満塁、浦和学院・高橋は右前に同点適時打を放つ

三回1死満塁、浦和学院・高橋は右前に同点適時打を放つ

 今春センバツ4強の浦和学院が快勝し、2年ぶりの8強入りを決めた。

 1点を追う三回、4番・高橋司外野手(3年)の右前適時打で追いつくと、5番・荒木裕也外野手(3年)も左前に2点適時打で続いて勝ち越し。四回にも高橋の2打席連続適時打などで3点を加えた。

 先発した左腕・小倉匡祐投手(3年)は、立ち上がりこそ1点を失ったものの、8回を4安打1失点と要所を締めた。

 今大会3試合目の4番起用に4安打で応えた高橋は「どこでも役割を果たすだけ。打てて良かった」と笑顔。先制を許しながら、冷静な戦いぶりを見せたナインに、森士(おさむ)監督も「こういう試合も慌てないでやれるようにならないと。ピッチャーも落ち着いて投げていたし、攻撃もワンチャンスで逆転に持って行けたのはよかった」と、及第点を与えていた。

(デイリースポーツ)

◇浦和学院、逆転勝ち 小倉が要所締め8回1失点

 浦和学院が、先制されるも3、4回に3点ずつを挙げ完勝で準々決勝へ進んだ。

 先発した小倉匡祐投手(3年)が8回を投げ4安打1失点。4回と6回に満塁のピンチを迎えたが、要所を締めた。森士監督(51)は「小倉は守備に足を引っ張られて、力むかと思ったがよく投げた。打線については、あと1本というシーンがいくつかあった。そのあたりが課題」と語った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

藤桐祭の時の
浦学共栄戦楽しかったねー

高校野球の
応援ダンスが面白すぎるwwwwww

#浦和学院 #甲子園 #高校野球 #応援 #ナイスキャラ

#名刺代わりの小説10選
悲しみよこんにちは/サガン
家守綺譚/梨木香歩
風が強く吹いている/三浦しをん
とっぴんぱらりの風太郎/万城目学
宵山万華鏡/森見登美彦
風に舞いあがるビニールシート/森絵都
チルドレン/伊坂幸太郎
バッテリー/あさのあつこ
蜜蜂と遠雷/恩田陸
神様のボート/江國香織

そして二十数年前の浦学野球部は武蔵野線乗っててクッソ態度悪い奴ばっかだったのでいまだ甲子園埼玉代表になると応援出来ない。

今日の収穫:手塚富雄訳『ゲオルゲ詩集』(岩波文庫)、つげ義春『つげ義春とぼく』、三木清『読書と人生』(以上新潮文庫)、庄司薫『さよなら怪傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか歌えない』『狼なんかこわくない』(以上中公文庫)、滝浦静雄『時間』、木田元『現象学』、斎藤忍随『プラトン』→

もっと読み込む...

 

アーカイブ