東洋大がOP戦勝利 ドラフト候補笹川が決勝打

 東都大学リーグの東洋大が26日、埼玉・川越市内の同大学グラウンドで東京6大学リーグの立大と今季初のオープン戦を行い、3-2で勝利した。

 0-2の2回、西川元気捕手(2年=浦和学院)の左中間2点適時二塁打で同点。5回には今秋ドラフト候補の笹川晃平外野手(3年=浦和学院)が、立大先発の沢田圭佑投手(3年=大阪桐蔭)から決勝の中犠飛を放った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ