東洋大がOP戦勝利 ドラフト候補笹川が決勝打

 東都大学リーグの東洋大が26日、埼玉・川越市内の同大学グラウンドで東京6大学リーグの立大と今季初のオープン戦を行い、3-2で勝利した。

 0-2の2回、西川元気捕手(2年=浦和学院)の左中間2点適時二塁打で同点。5回には今秋ドラフト候補の笹川晃平外野手(3年=浦和学院)が、立大先発の沢田圭佑投手(3年=大阪桐蔭)から決勝の中犠飛を放った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

根尾が7球団競合するなら避けてもいいと思うな、小園や浦学の渡辺にいくのもあり。

ここからの駆け引きがドラフトだね☺️

今回は徳栄も浦学も出てないから相当舐められてたみたいだけど、その人たちに対してほら見ろと言わんばかりの勝利

根尾くんに人気が集中してるから、藤原くんや小園くん、金足農の吉田くんが一本釣りされそうなんだよな~くじ引き外した後の戦略が難しいね。ここは即戦力ではなく高校生で行くべきだと思う。浦学の渡邊とか早実の野村あたりか…

結果把握。近年の関東大会上位常連校、前橋育英、健大高崎、作新、常総、浦学、徳栄、木総、横浜、相模がいないベスト4、新鮮でいいねぇ。

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ