記事の詳細

 (27日・県営大宮ほか)

 第3日は3球場で3回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。

 星野は越ヶ谷を3-1で破り、春、夏含めて初の8強に進出。エース左腕湯沢が完投した。浦和実はAシード聖望学園に5-3で競り勝った。同点の延長十回に小原の右越え適時三塁打などで2点を奪った。

 ふじみ野はエース右腕高野が完封し、大宮南との投手戦を1-0で制した。Bシード浦和学院は左腕佐野が好投し、春日部東を4-1で下した。

 4季連続の甲子園を狙うAシード花咲徳栄は開智を10-3、Bシード春日部共栄は春日部を8-1と、それぞれ七回コールドで下した。立教新座は川越工を3-2で破り、本庄第一は木村の4試合連続本塁打などで小鹿野を11-10で退けた。

 28日の休養日を挟み、29日は県営大宮など2球場で準々決勝が行われ、4強が決定する。

浦学、危なげなく快勝 佐野好投でリズム

 浦和学院が春日部東に快勝。五回から継投した左腕佐野の好投が攻撃にリズムを生んだ。森監督は「前半はリズムをつかみ切れなかったが、佐野が投げてから雰囲気が変わった」と言うように1-1の五回以降、3点を加点して試合を決定づけた。

 先発した左腕清水も4回1失点と十分に試合は作った。六回に好走塁を見せた阿部や、七回から途中出場し、二塁打を放った本田など途中出場の選手も力を見せた。指揮官は「誰かに頼ることなく総合力で勝つ」と全員が集中力を保っていた。

 3連覇へ着実にチーム力を蓄えつつある。主将の赤岩は「次は野手の打撃で投手を助けたい」と切り替えていた。

「地力の差」出直し誓う 春日部東

 春日部東は前半こそ互角の勝負に持ち込んだが、浦和学院の2番手佐野を打ちあぐねた。冨沢監督は「強烈に勉強になった。地力の差です」と唇をかんだ。

 好機はつくっていただけにもったいなかった。とくに追い込まれてから変化球への対応は課題が残った。主将の広瀬は「決め切る力が付かないと上にはいけない」と出直しを誓った。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会3回戦 9月27日(市営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
春日部東 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 1
浦和学院 0 1 0 0 1 1 0 1 x 4 7 0
【浦】 清水、佐野-秋山
【春】 沼田、白畑、大和-原田
秋山(浦)
本田、秋山(浦)高橋、福田(春)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 2 2 0
杉山 2 1 1
家盛 3 0 0
蛭間 4 0 0
山本 4 0 0
米須 1 0 0
7 赤岩 1 0 0
H 小町 0 0 0
R 阿部 0 0 0
7 本田 1 1 0
秋山 4 3 3
清水 1 0 0
1 佐野 2 0 0
森川 2 0 0
27 7 4
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四球 死球 失点
浦和学院 清水 4 5 2 1 0 1
佐野 5 2 7 0 0 0
春日部東 沼田 5 3 2 2 1 2
白畑 2 2/3 4 1 1 0 2
大和 1/3 0 1 0 0 0
拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る