試合速報はこちら

浦和学院、浦和東にコールド勝ちで初戦突破 伊丹が2ラン含む3安打4打点

【写真】4回裏浦和学院無死、三塁、2点本塁打をを放つ伊丹

 センバツ4強で大会2連覇を狙う浦和学院が、初戦を5回コールドで突破した。

 敵失や相手バッテリーのミスに乗じ、2回に打者一巡の4安打2四死球で一挙6点を先制。その後も4回無死三塁で2番・伊丹一博外野手(3年)が高校通算14号の左越え2ランを放つなど、2回以降は毎回得点で差を広げた。

 伊丹は初回の好機こそ「ガチガチでバットが出なかった」と凡退したが、その後は二塁打、2ラン、二塁打とすべて長打で3安打4打点のフル回転。5回は1死一、二塁から左越えの適時二塁打でコールドを決めた。

 「ストレート狙いで、体重移動さえできれば変化球にも対応できる。ホームランはインローのカーブを打ちました。コールドで勝っていかないと準決、決勝の疲労度が変わってくる。『試合を変えるのは1本の長打』とずっと森監督に言われているので、持ち味の長打で決められてよかった」と振り返った。

 ベンチ入り20人中、15選手を起用した森大監督(32)は「初戦で選手たちも緊張していた。できるだけ20人使いたかった。センバツを終えて、もう1度体をつくろうと話していましたが、打球の強さに成果として出てきているかな」と話した。

(日刊スポーツ)

浦和学院先発の芳野

浦和学院、五回コールド勝ち発進

 選抜大会4強、春季関東大会優勝の浦和学院は、2番・伊丹一博外野手(3年)が四回の左越え2ラン、五回の11点目をたたき出す左中間二塁打など3長打で4打点の活躍で、初戦(2回戦)に大勝し、3回戦進出を決めた。

 179センチ、80キロで右投右打ちの伊丹は、「四回は、変化球にも対応できると思っていて、真っすぐを待っていてカーブを打った。瞬間、入ったと思った。五回(1死一、二塁)は、何とかコールド(勝ち)に、決めてやろうと思った」と本塁打も通算14本目となり、笑顔を見せた。

 森大監督は、「選手は緊張していて、僕も先発メンバーのレフトとライトを間違えたくらい。だから、平常心を失わないようにといった。途中で、『衝撃的な記事に書いてもらえるように』といったが、伊丹が最後に長打で決めた。選手をたくさん使えた」とうなずいた。

浦和学院、コールド勝ち発進 ”恐怖の2番”伊丹一博が3打席連続長打で勝利に貢献

 今春の選抜大会で4強入りした浦和学院は埼玉大会2回戦で、浦和東に11-1で大勝。2番・伊丹一博外野手(3年)が3本の長打を放って4打点を挙げた。あと1点でコールド勝ちとなる五回1死一、二塁。初球を左中間へ運び、決着をつけた。

 「何とかコールド(勝ち)にと思った。夏は体力のこともあるので(試合を)短くしたい」

 179センチ、80キロの右打者は二回の左中間適時二塁打、四回の左越え2ランに続く3打席連続長打で勝利に貢献。県内の連勝を26に伸ばしたが「4強に終わった選抜大会の借りを返すのは甲子園でしかない」と目を光らせる。

 大会直前に体力強化期間を終えたばかりで体調は5、6割という。それでも〝恐怖の2番〟の活躍で快勝。森監督は選手にハッパを掛ける意味で「〝衝撃的な記事を書いてもらえるように〟と言った。伊丹が最後に長打で決めた。成長している」と手応えを口にした。

(サンスポ)

「衝撃的な記事を書いてもらおう」森大監督のハッパに応え浦和学院がコールド発進

5回裏1死一、二塁からコールド勝ちを決める左中間二塁打を放った浦和学院・伊丹

 センバツ4強で、昨夏に続く連覇を目指す浦和学院が、自慢の打力を見せつけてコールド発進を決めた。

 11安打で連ねて11得点。とりわけ目立った活躍を見せたのが、2番の伊丹一博右翼手(3年)だ。4回裏に左越えの2ランホームラン。5回裏には左中間二塁打を放ってコールド勝ちを決めた。

 「真っすぐ狙いでカーブを打ちました。打った瞬間、入ると思いました」と伊丹。これが高校通算14本目の本塁打で、今後に向けて「自分の武器である長打力を発揮したい」と意気込んだ。

 大会初戦を迎えるにあたり「新聞記者の方々に衝撃的な記事を書いてもらおう」と選手にハッパをかけたという森大監督。圧勝劇を振り返り「打球の強さや長打がしっかり出たあたりに、夏に向けて体を作ってきた成果が見えた」と納得の表情で話した。

(スポーツ報知)

浦和学院がコールド発進…2番伊丹、3連続長打

5回、コールド勝ちを決める適時2塁打を放つ浦和学院の伊丹

 選抜で4強、春の関東大会で優勝した浦和学院は、埼玉大会の本命と見られている。投打とも充実した選手層がある。それでも森監督は初戦に向け、慎重だった。「夏は平常心では戦えない。緊張感をしっかり意識して戦おう」と、選手たちを送り出した。

 一、二回を快調に飛ばした先発の芳野が三回、3安打を集中されて1点を失った。この回、失点にはつながらなかったが、失策もあった。「夏は完璧な試合はないだろう。打ち込まれることも、エラーすることもある。大事なのは、いかに切り替えるかだ」と、森監督は言う。

 その教えを見事に実践したのが2番伊丹だった。一回のチャンスでは凡退したが、二回に左中間を破る適時二塁打、四回には左越えの2ラン、そして五回、左越えの適時二塁打でコールド勝ちを決めた。

 「一回は(緊張で)ガチガチに固まってしまい、バットが全然出てこなかった」と言う右打者の伊丹が「しっかり右足に体重を乗せ、体重移動をスムーズにすることを心がけた」ことで本来の打撃を取り戻し、3連続長打につなげた。

 すべてのチームが死力を尽くして挑んでくる夏の地方大会は番狂わせも多い。浦和学院は、その激戦の中で自分たちがさらに成長する試合を目指している。

(読売新聞電子版)

春の関東王者・浦和学院がコールドで初戦突破 3安打4打点の伊丹「王者だけど挑戦者の気持ちで」

4回に中前安打を放ち、10点目のホームを踏んだ浦学・金田

 今春選抜4強で、春の関東王者・浦和学院が5回コールド勝ちで浦和東を下し、危なげなく初戦突破した。

 2番・伊丹一博(3年)は、4回に「打った瞬間入ったと思った」という高校通算14本目となる左越え2ラン。5回にもコールドを決める左越え適時二塁打を放ち、3安打4打点をマークした。3季連続の甲子園に向け「王者だけど挑戦者の気持ちでぶつかっていく」と気を引き締めた。

(スポニチ)

浦和学院・2番、長打でけん引

 危なげない戦いぶりで県内公式戦26連勝目とした。初戦の緊張から三回に1失点。森監督は「夏に完璧な試合はない」と話したが、打線で結果が出たことを高く評価した。

 2番伊丹が本塁打と2本の二塁打でチームをけん引。体の硬さに不安があったというが「ほっとした」と笑顔を見せ、「試合を変える一本の長打を狙う」と次戦を見据えた。

(埼玉新聞)

浦和学院コールド発進「コールドで勝っていかないと疲労度変わってくる」4打点伊丹一博

5回コールド勝ちを収め、整列する浦和学院ナイン

 今春関東王者の浦和学院が5回コールド発進した。2番伊丹一博外野手(3年)が3安打4打点と発奮した。

 4回無死三塁では内角低めのカーブを拾い、左翼へ高校通算14号2ランをたたき込んだ。公式戦では、4強に進んだ今春センバツの準々決勝・九州国際大付戦以来の1発。「コールドで勝っていかないと準決、決勝の疲労度が変わってくるので」。5回は適時二塁打で自らコールド勝ちを決め、大会2連覇へ死角はない。

 第1打席こそ緊張で凡退したが、その後の3安打はすべて長打だった。「『試合を変えるのは1本の長打』とずっと森監督に言われている。自分の持ち味で決められてよかった」とうなずいた。昨秋就任した森大監督(31)にとっても夏初陣で「僕も緊張しました。春を終えてもう1度体をつくろうとやってきて、打球の強さに成果が出ている」と納得の表情を浮かべた。

(日刊スポーツ)

試合結果

全国選手権埼玉大会・2回戦(7/10・レジスタ大宮)

TEAM123456789HE
浦和東00100    142
浦和学院06131x    11111
(5回コールド)
【浦】芳野、月野、伊藤-高山
【東】大槻、大熊-五日市
伊丹(浦)
高山(浦)
鍋倉、伊丹2(浦)白井(東)

打撃成績

 浦和学院
位置選手名打数安打打点
小林221
H日高000
伊丹434
金田310
鍋倉310
高山321
八谷100
大勝100
芳野000
H三上001
1月野000
1伊藤000
H三宅110
大内212
H篠塚100
21119
 浦和東
位置選手名打数安打打点
木村311
田中200
増田100
大槻200
1大熊000
五日市200
白井210
市川210
5中井田000
竹ケ原210
馬渕100
H3村上100
1841

投手成績

 浦和学院
選手名安打三振四球死球失点自責
芳野3350111
月野1110000
伊藤1000000
5460111
 浦和東
選手名安打三振四球死球失点自責
大槻38031107
大熊1 1/3310111
4 1/311132118

チーム成績

TEAM攻撃守備
三振四死球犠打盗塁残塁失策併殺
浦和学院1537511
浦和東6100321

コメントを残す

error: Content is protected !!