榊原翼投手、オリックス育成2位 OB坂本一将内野手は育成4位 ドラフト会議

 プロ野球ドラフト会議が20日、グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで行われ、浦和学院高から2名(卒業生含む)が指名された。

 浦和学院高3年の榊原翼投手はオリックス育成ドラフト2位、浦和学院高OBの坂本一将内野手(東洋大~セガサミー~石川ミリオンスターズ)はオリックス育成4位でそれぞれ指名を受けた。

 榊原投手は球速は140キロ前半ながらも、抜群の安定感が光る右腕。奪三振率も高く、四死球が少ないのも魅力。坂本選手は堅実な守備と俊足が武器のリードオフマン。安定した守備力でBC石川では最少失策を記録。身体の小柄さを感じさせない、熱い真摯なプレイも魅力。

ドラフト会議動画ドラフト会議結果

オリク育成2位の浦学・榊原「ここから」決意新た

 浦和学院高の右腕榊原はオリックスから育成2位で指名を受けた。吉報はドラフト会議が始まってから約3時間後に届き、「ほっとした。育成からスタート。ここからだなという気持ち」と決意を新たにした。

 前チームのエースとして秋、春連続で県の頂点に立った。闘志を全面に出した投球が持ち味で、最速147キロの力の込もった直球が最大の武器だ。「苦しい時でも浦学での3年間を思い出し、常に感謝の気持ちを持って戦う」と活躍を思い描いた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ