記事の詳細



 浦和学院(埼玉1位)が、横浜(神奈川2位)の強力打線を4安打の完封リレーで封じ、勝利。準々決勝に進出した。

 春季埼玉大会は肺気胸を患い、ベンチ入りしていなかった渡辺勇太郎(2年)が先発。右腕が5回3安打無失点で切り抜けると、6回から佐野涼弥(2年)にスイッチ。左腕が4イニングを1安打に抑えた。

 昨秋の関東大会1回戦では横浜に2-7で敗戦。センバツ行きを絶たれた。その試合で渡辺はリリーフ登板し、2回無失点。相性の良さを買われ、この日の先発を託された。森士監督(52)は「(秋に)負けた悔しさを選手たちは試合で出してくれた。渡辺が良く放ってくれた」とねぎらった。

 横浜のプロ注目の増田珠外野手(3年)は内角攻めに遭い、4打席で4四死球。万波中正(まんなみ・ちゅうせい)外野手は好機で凡退するなど3打数無安打だった。

(スポーツ報知)

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る