浦学、朝霞にコールド勝ちで準決勝進出 高校野球埼玉大会

 (18日・県営大宮ほか)

 第9日は南大会と北大会の準々決勝各4試合が行われ、4強が決まった。南大会は浦和学院が2年連続、聖望学園が2年ぶり、川越東が5年ぶり、川口が6年ぶり。北大会は花咲徳栄が4年連続、滑川総合が16年ぶり、上尾が10年ぶり、昌平は初。

 19、20日の休養日を挟んで第10日は21日、県営大宮で南大会の準決勝を浦和学院-聖望学園(10時)川越東-川口(12時30分)で実施。北大会は22日、同球場で花咲徳栄-滑川総合(10時)上尾-昌平(12時30分)で行う。

仲間へ感謝の4打点 浦和学院

 チームメートへの感謝の気持ちを結果で示す2安打4打点だ。けが明けで今夏初めてスタメンに名を連ねた2番矢野が「仲間がここまで勝ってくれたから、打席に立つ機会をもらえた」と思いを込めた。

 2-0の二回に、2死二、三塁から「ここは絶対に点をもぎ取らないといけない」と低めのスライダーをうまく拾って中前への2点打を放つと、1点差とされた四回は中犠飛を放ち、この回一挙6得点の流れをつくった。

 七回には7点差に広げる中前適時打と大事なところで一本が出た。やはり、2番に背番号5がいると、打線のつながりがさらによくなる。森監督も「彼がいると違うね」とうれしそうだった。

満塁の好機に意地の反撃打 朝霞

 4点を追う二回。2死満塁の好機に、1番依田が意地の中前2点適時打を放った。

 下位打線がつくってくれたチャンスに燃えないわけがなかった。「来た球を拾う意識で打った」と浦和学院の先発近野を捉えた。この試合からリードオフマンを任された背番号6。出塁率の高さを買い、1番に起用した今井監督は「試合の流れを読んで、バッティングできる選手」とたたえた。

 しかし、この回の追い上げもむなしくチームは七回コールド負け。依田は「(先頭で打席に立った)一回でチームに流れを持っていけなかった」と涙を流しながら悔しがった。

(埼玉新聞)

最速143キロのスーパー1年生・美又が2回完全

 6点リードの六回に登板した浦和学院の1年生右腕、美又王寿(おうじゅ)投手が、スタンドの空気を一変させた。

 右横手から手首を利せて直球とカットボールを投げ込み、三振、右飛、三振。抑えれば七回コールドの場面も3人で締め、最速は自身の記録を1キロ更新する143キロを計測。最高気温36・7度の猛暑の中で“完全救援”を果たし「(雰囲気に)慣れました。最初(六回)がうまくいけたので…」とあどけない笑顔を見せた。

 2002年生まれで福岡出身。飯塚ボーイズのエースとして日本選手権に優勝している逸材だ。入学後に少し腕を上げた形のサイドスローにし、直球とカットボールとチェンジアップの切れが増した。森監督は「1年夏にこういう投球をしたのは坂元(弥太郎、元ヤクルト)以来かな。ボールの勢いは1番」と1年生ながら信頼を寄せる。

 100回大会を3年生で迎える「ミレニアム世代」、2001年生まれの「新世紀世代」の後に続く“02年世代”が輝きを放ち、名門が5年ぶり13度目の全国切符に突き進む。

(サンスポ)

右腕美又、完璧リリーフ 指揮官「1年生という感じではない」

 浦和学院の1年生右腕の美又が2回完全で試合を締めた。 

 6点リードの6回から登板し、最速142キロの直球とチェンジアップ、カットボール、スライダーを交え2回無失点、2三振を奪った。朝霞を11-4の7回コールドで撃破した森士監督は「(美又は)1年生という感じではない」と舌を巻いた。5年ぶりの夏の甲子園を目指し、美又も「次も絶対抑えたい」と準決勝での登板にも意欲を見せた。

(スポニチ)

試合結果

 準々決勝 7月18日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
浦和学院 1 3 0 6 0 0 1     11 13 1
朝霞 0 3 0 1 0 0 0     4 6 0
【浦】 近野、永島、美又-福島、畑
【朝】 中嶋、斉藤遼、上川、倉田-原口
近野(浦)
上野(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
中前 4 2 0
矢野 4 2 4
蛭間 5 3 1
上野 3 1 1
後藤 2 1 2
河北 3 1 0
小町 3 0 1
福島 2 1 1
H 佐野 1 1 0
R 阿部 0 0 0
2 0 0 0
近野 1 1 1
1 永島 1 0 0
1 美又 0 0 0
29 13 11
 朝霞打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
依田 4 1 2
金子 4 2 2
菊地 4 1 0
原口 3 0 0
蔵原 3 0 0
荒田 3 1 0
①3 中嶋 1 0 0
3 大村 1 0 0
斎藤龍 1 1 0
1 斉藤遼 0 0 0
1 上川 0 0 0
1 倉田 1 0 0
渡部 2 0 0
27 6 4
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点
浦和学院 近野 1 2/3 4 0 1 3 2
永島 3 1/3 2 3 1 1 1
美又 2 0 2 0 0 0
朝霞 中嶋 3 2/3 9 2 4 10 10
斉藤遼 0/3 0 0 1 0 0
上川 0/3 0 0 2 0 0
倉田 3 1/3 4 2 1 1 1
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 4 8 3 8 1 0 8
朝霞 5 2 1 1 0 1 5

 浦和学院が13安打11得点で快勝。4-3と迫られた四回に蛭間、後藤の適時打など一挙6点で突き放した。朝霞は二回に3点を返したが、投手陣が粘れず。

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ