浦和学院・渡辺、サヨナラ導く好救援 プロ志望届提出へ

 福井県で開かれている第73回国民体育大会の高校野球硬式で2日、浦和学院(埼玉)が2回戦で報徳学園(兵庫)を4-3のサヨナラ勝ちで下した。同点の九回、1死三塁から1番中前祐也(2年)の中越え適時打で勝利。台風24号の影響で準決勝と決勝を行わないため、2回戦を勝った4チームが1位となる。

 同点の八回、浦和学院のマウンドに背番号11が向かう。渡辺勇太朗(3年)。今夏の甲子園で32年ぶりとなる8強入りの原動力となった右腕だ。190センチの長身から投げ下ろす直球に、変化球をうまく絡めて、2回を無失点。サヨナラ勝利につなげる好救援だった。

 それでも本人は浮かない表情。「40点くらいですかね。まだまだです」。理想像を高く設定しているからだ。高校生活最後のマウンドを終え、プロ志望届を提出する意向を示した。目指す選手像は決まっている。「大谷翔平選手です」。投球フォームをまねてきた憧れを追いかける日々は続く。

(朝日新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

【社会学】データでわかる2030年の日本 《三浦 展》 洋泉社 2013-05-10 P: 携:https://t.co/6rsmOX9Mf3

浦学のショートの中前君を竹村二世とか言ってる動画、オレしか分からなすぎて最高

Amazon医学・薬学・看護学・歯科学 > 眼科学 売れ筋ランキング6位 形浦 昭克『2つの顔を持つ臓器 扁桃とその病気』

浦学の蛭間は来年早稲田に来るのか!楽しみやな

浦学の渡邉とか当たりやと思うんやけど全体20番目まで残ってるんかね

もっと読み込む...

 

アーカイブ