プロ志望届締め切り 浦学関係者は3名提出

 日本高野連と全日本大学野球連盟は11日、プロ入りを希望する選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で233人(高校123人、大学110人)が届け出た。25日のドラフト会議で指名対象となる。

 浦学関係者では、今夏の甲子園ベスト8で身長190センチの大型右腕・渡邉勇太朗投手、2013選抜優勝投手で大学日本代表の左腕・小島和哉投手(早大)、石森亨外野手(立正大)の3名が提出した。そのほか、社会人日本代表の笹川晃平外野手(東京ガス)がドラフト候補に入っている。



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ