ロッテ入団の小島、古巣訪問 行田シニアが激励会

現役生24人、先輩左腕から刺激

行田リトルシニアの現役生と写真撮影するロッテの小島和哉投手(中央)=行田グリーンアリーナ

 中学硬式野球チームの行田リトルシニアはこのほど、同チームOBでプロ野球パ・リーグのロッテにドラフト3位で入団した小島和哉投手(鴻巣市出身、浦和学院高出、早大)を招いて激励会を開催、浦和学院高時代に甲子園で選抜優勝、早大野球部ではエースで主将も務めた先輩左腕の言葉に、現役の1、2年生24人は熱心に耳を傾けた。

 スーツ姿の小島投手は中学時代の思い出や野球に対する日々の積み重ねの大切さを強調するとともに、後輩からの質問に対応。「コントロールがよくなる秘訣は?」との問いに、小島投手は「うまくいった時、いかなかった時の理由をしっかり考えること。同じ投げ方で同じところでリリースすれば球は同じところにいく。いかない時は、体が開いたり、肩が力んだり何か理由がある。頭の中で考えてやっていけば成長につながるし、自分も実践している」と親身に助言。行田時代に指導を受けて始め、今も続けている「野球ノート」の重要性も強調した。

 憧れの先輩からの直接アドバイスに、選手らの表情もにこやか。新井直樹主将(2年)は「小島先輩を見習い、チームが一つでも上に勝ち上れるように頑張りたい」と刺激を受けた様子。山田陽(2年)は「小島投手は優しい。野球ノートを見習い、もっと書き込んでいきたい」と目を輝かせた。

 小島投手と同じ左腕の小川桜空(2年)は「ずっと憧れ。ピンチにも動じないで三振を取れる小島先輩のような投手になれるように、考える野球を実行したい」。小池永倭(1年)は「先輩がプロ野球選手なんて自信になる。自主練で感じたことまで小まめにノートに書き、見返しているなんてすごい」と声を弾ませていた。

 交流を終えた小島投手は「自分の中学時代を思い出し、新鮮な気持ちでプロに臨める。当時強かった栃木下野にサヨナラで勝った試合が一番の思い出で、浦和学院に進むきっかけになった。後輩には中学時代から一日一日の積み重ねを大事にしてほしい」とエールを送った。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

 

アーカイブ