中大・近野佑樹投手が好投 東都準硬式野球

◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 中大5―2国士舘大(6日・ダイワハウススタジアム八王子)

 中大が国士舘大に連勝し2つ目の勝ち点を挙げた。

 3回、端岡陸(4年=報徳学園)の適時打で先制すると、さらに山口雄大(3年=佐賀商)の2点適時打などで3点を追加。6回には友田真志(2年=都城商)の適時打で1点を加えた。

 6回まで中大先発の近野佑樹(1年=浦和学院)に抑えられていた国士舘大は7回に清水孝太(3年=伊勢崎清明)の適時打、8回に渋谷奏(3年=長野商)の適時打で1点ずつを返したが、中大は前日148球を投げて11回を完封した小澤巧平(4年=日川)が8回途中から登板し、最後を締めた。

 中大・近野佑樹「チームに貢献でき、初の白星をあげることができてよかったです。今度の試合も先輩たちに貢献できるよう頑張ります」

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

リバディファンファーレ〜怪物〜浦学マーチ
♪キタ───O(≧∇≦)O────ッ♪

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

もっと読み込む...

 

アーカイブ