試合速報はこちら

浦和学院、地力発揮の横綱相撲 堅実揺るがぬ強さ

(23日・県営大宮ほか)

 第12日は2球場で5回戦の残り4試合が行われ、ベスト8が出そろった。Dシード市川越はBシード坂戸西に12-5で八回コールド勝ちし、2年連続の準々決勝進出。所沢北は所沢商に11-1で六回コールド勝ちを収め、6年ぶりの8強に入った。

 市川越は一回の丹羽の適時打を皮切りに、弥田が4安打3打点を挙げるなど19安打12得点の猛攻で打ち勝った。所沢北はエース戸谷が六回を4安打1失点に抑え、打っても2安打3打点と活躍した。

 一昨年の北埼玉大会覇者の本庄一は正智深谷を9-6で破り、5年連続の8強入り。Aシード浦和学院は鷲宮を6-2で退け、2年ぶりのベスト8を決めた。

 第13日は24日、県営大宮で準々決勝2試合が行われる。

◇威圧感与える3安打3打点 浦和学院

 海野が3安打3打点の活躍。「これまで携わってくれた人たちに一番の恩返しは勝利。勝つことだけ考えた。実力以上の結果」と、汗まみれの笑顔が輝く。

 二回無死二塁の好機で先制打。「打ったのは内寄りの直球。柵越えまでは届かないと思った」と照れくさそうに話す打球は、大きな弧を描き左翼フェンスを直撃。あわや本塁打の一打で鷲宮に威圧感を与えた。

 初めて勝ち取った背番号「9」。全4打席で出塁して存在感を示した立役者は「1打席1打席が勝負」と言い切る。仲間やライバルへの思いを胸に、どんな局面でも「積極的に攻める」姿勢を貫く。

◇堅実 揺るがぬ強さ

 春の関東大会を連覇した優勝候補の横綱相撲だった。投打ががっちりとかみ合ったAシード浦和学院が、勢いに乗るノーシード鷲宮に快勝。森監督は「攻撃は先制、中押し、ダメ押しで点が取れたのがよかった。(完投した)阿部もよく投げてくれましたね」と穏やかな表情で振り返る。

 まずは、守備で流れを引き寄せた。一回、先発した右腕は2死から鷲宮の3番谷沢に中越え二塁打され、4番丸山も死球で出したが、続く鴨田を内角直球で見逃し三振。二回には3者連続三振を奪った。「1本打たれたけれど、うまく気持ちを切り替えられた」と阿部。テンポのいい投球で、リズムをつくった。

 打線は直後の二回裏、2点を先制して力投するエースを助けた。死球の走者を犠打で送ると、1死二塁で「直球だけしか狙っていなかった」と言う7番海野が左翼フェンス直撃の先制適時打。さらに一、三塁から9番小林がスクイズを鮮やかに決めた。小林は「小技も絡めて2点目を取れたのが大きい」と喜ぶ。

 五回にも2点をプレゼントされた阿部は七回のピンチで踏ん張り、打線の援護に応えた。2点を返されたものの、2死一塁で一回に痛打された谷沢を見逃し三振。背番号1は「ツーシームを打たれたので、内角を攻めた」と切れ味抜群の直球をズバッと投げ込んだ。

 これで昨夏、聖望学園に敗れた5回戦を突破。2年ぶりの甲子園へ、本命が存在感を増してきた。

◇強い気持ちで反撃の適時打 鷲宮

 七回2死二塁から、2番榎本が反撃の適時打を放った。「なんとか谷沢につなげようと必死だった」。この回、相手守備の乱れで得点し、流れを引き寄せようと奮起した。

 相手エース阿部の変化球をジャストミートしたが「必死すぎてあんまり覚えていない」という集中ぶり。自身のバットで貴重な2点目を挙げた。それでもチームは敗れ、榎本は「強い気持ちが結果につながった。でも負けたのは悔しい」と涙した。

◇兄の雪辱は来夏へ 先発の増渕

 兄のリベンジは果たせなかった。2年生左腕の増渕雅也は、5回を被安打7の4失点。公式戦初先発を勝利で飾れず「自分の力のなさを痛感した」と悔やむ。

 現在、プロ野球のヤクルトで活躍する兄・竜義は、2006年に浦和学院との決勝で先発し、0-4で敗れた。この日から「尊敬する兄の借りは自分が返す」と、打倒ウラガクを大目標にしてきた。

 試合の前夜、兄からメールがあった。「おれの分まで頑張ってくれ。気持ちで負けるな!」。増渕は「了解」と返した。

 そしてついに迎えたウラガク戦。「緊張はしなかった」と増渕。4点は失ったが、136キロの直球を武器に、最後まで攻めの投球を貫いた。

 「来年は絶対に勝って、兄に報告します」。リベンジは最後の夏で果たすつもりだ。

◇鷲宮 涙と感謝の夏

 渡辺の飛球が左翼手のグラブに収まると、鷲宮の長いようで短い夏が終わった。主将の丸山は「出られただけで感謝している。支えてくれたすべての人にありがとうと言いたい」と頭を下げる。

 敗れたとはいえ、優勝候補の浦和学院に真っ向から挑戦した。柿原監督は「相手はやっぱり強かった。ここ一番で投打に粘りがあり、一人一人の力の差を感じた」と素直に脱帽する。

 試合前日の練習で調子が良かった2年生の増渕を先発に立てた。「自分が絶対に抑えてやる」と強力打線に立ち向かったが、六回途中4失点で降板。打線は相手エース阿部に13三振を喫するなど2点に抑え込まれた。2点を追う七回の好機に見逃し三振に倒れた今大会3本塁打の主砲谷沢は「内角に手が出なかった。相手が上だった」と認めた。

 「ここまであっという間だった」と丸山は振り返る。4月に不祥事が発覚し、練習を自粛。日本学生野球協会に2カ月の対外試合禁止処分を言い渡された。5月9日に練習を再開したが、6月19日まで実戦から遠ざかり、夏に向けた追い込みができなかった。

 それでも、柿原監督は「配慮で出場させてもらった。勝っても負けても思い切ってやろう」と選手たちに言い続けた。それぞれが課題を持って自主練習に取り組み、試合解禁後は野球ができる喜びをかみしめた。丸山は「苦しいことも含めて野球の一つ一つが楽しかった。鷲宮でやれたことは一生の思い出です」と涙をぬぐった。

◇鷲宮-浦和学院 因縁の対決 OBエール合戦

 県営大宮球場で23日に行われた鷲宮-浦和学院戦。鷲宮側スタンドでは、3年前のレギュラー陣8人が声援を送った。鷲宮にとって浦和学院は、2006年の埼玉大会決勝で、増渕雅也投手の兄で当時エースだった竜義さん(現ヤクルト)が投げて0-4で敗れ、翌07年の3回戦でも0-9で苦杯をなめた因縁の相手。特別な思いがある。

 3年前は右翼手で06年大会もベンチ入りしていた小林晃毅さん(20)は「いつも以上のことをやらないと勝てない相手。頑張ってほしい」、三塁手だった神田雄太さん(20)は「今度こそ甲子園へ」と願いを込めた。

 一方、浦和学院のスタンドでは、06年の決勝を制した時の主将・内田匡彦さん(22)と、森監督の長男で当時1年生だった大さん(19)が観戦。内田さんは「あの決勝戦は忘れられない」と感慨深げ。大さんは「自分たちの野球をすれば必ず結果は付いてくる」とエールを送った。

(埼玉新聞)

◇5回戦

鷲 宮000 000 200|2
浦和学020 020 02x|6

 浦和学院が投打に地力の差を見せ、鷲宮に快勝した。浦和学院は二回に海野の適時打、小林のスクイズで2点を先制。五回2死満塁から海野が決勝の2点適時打を放ち、八回にも2点を追加した。投げては3試合連続先発の阿部が13奪三振の力投で2失点に抑えた。

 鷲宮は初先発の増渕が7安打を浴び六回途中までに4失点。打線は一回と六回の好機を生かせず無得点。七回に榎本の適時打などで2点を返したが、反撃が遅すぎた。

【浦和学院】
⑤石 田 4-2-1
④濱 田 5-2-0
⑧ 星  4-1-1
⑦ 原  4-1-0
②久 保 3-1-0
③萩原大 2-0-0
⑨海 野 3-3-3
①阿 部 1-0-0
⑥小 林 2-0-1

(打数-安打-打点)

▽バッテリー
【浦】阿部-久保
【鷲】増渕、栗田-遠藤

▽二塁打 谷沢(鷲)

鷲13411207
 振球犠盗失併残
浦4650119


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。