<浦和学院だより>甲子園で練習 感触確かめ臨戦態勢


【写真】打撃練習する日高(中央)ら浦和学院の選手たち=20日午後、甲子園(埼玉新聞)

 23日に開幕する選抜高校野球大会の甲子園練習最終日は20日、甲子園球場で行われ、埼玉の浦和学院のほか東日本大震災の被災地にある東北(宮城)や光星学院(青森)など、残りの16校がグラウンドの感触を確かめた。

 19日に大阪に入った東北や、春夏を通じて初出場の総合技術(広島)は攻撃と守備にバランスよく30分の持ち時間を使った。光星学院は守備練習を重点的に行い、挟殺プレーを念入りに確認。1回戦で東北と対戦する大垣日大(岐阜)もノックが中心の練習だった。

 選抜大会は開催の可否を18日の臨時運営委員会で協議し、予定通り23日に開幕することが決まっている。

◇感触確かめ臨戦態勢

 チームは20日午後1時30分から30分間、甲子園練習を行った。

 前半は場面ごとに走者を想定したシートノックを実施。後半は走者をつけてシート打撃で調整した。整備の合間にエース佐藤はマウンドで約20球投げ、感触を確かめた。

 控え投手の中山、松浦、浅田はシート打撃に登板した。終了後に小雨がちらつき始めたが、チーム練習に影響はなかった。

 森監督は「きのうまでお疲れモードだったが、午前はゆっくり休めた。選手はあこがれの場所で、できるということでモチベーションも高かった」とあらためて甲子園の良さを感じた様子。

 昨秋の関東大会から正式に採用した新ユニホームを着て初めて甲子園のグラウンドに立った選手たちを眺め、「見慣れた光景と違うので新鮮だった」と満足そうだった。

 初めて甲子園を訪れたという主将の小林は「とても大きくて素晴らしいグラウンド。びっくりしたし、感動した」と興奮気味。東日本大地震を考慮して開会式や応援団の縮小が決まっているが、「観客が多いか少ないかを気にせず、自分たちがイメージしているプレーを出したい」と誓った。

 エース佐藤は「甲子園には1回行ったことがあるが、グラウンドの中は雰囲気が違った。マウンドは投げやすくて試合で投げるのが楽しみになった」と声を弾ませた。

 21日は市尼崎と大会前最後の練習試合を行う予定。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

令和2年度 秋季リーグ戦
第1節 1日目 第2試合
東北学院大学4ー0宮城教育大学

学院大|010 002 001|4
宮教大|000 000 000|0
試合終了

本:布施(学)
二:三浦(宮)、佐藤(翔)、佐々木(莉)(学)

バッテリー
(学) ●後藤-伊藤
(宮) 〇青木、髙橋、小林-大川口

もっと読み込む...

 

アーカイブ