広島・大竹(22期生)、北の大地で今季初勝利狙う

 右肩痛から復活した広島・大竹寛投手(28)が27日、札幌に移動し、28日先発予定の日本ハム戦(札幌ドーム)へ向け、調整した。日本ハム戦は0勝6敗と白星はないが、昨年6月1日には復帰戦となった北の大地で、7回3失点と勝ち試合に貢献。好印象の地で今年も好投を誓い、今季初勝利を狙う。連敗中のチームは3連勝すれば、まだ2001年以来の4、5月連続勝ち越しの権利もある。14試合連続で先発に勝ち星がつかない状況で、一気に流れを変えるべく大竹がマウンドに上る。

 日本ハムの室内練習場でマウンドに上がり、大竹は入念に高さや土の状態を確認した。遠投、ダッシュなどで28日の復帰第2戦へ向け、調整を終えると「いつも通りですよ」と笑顔を見せた。

 前回21日のオリックス戦(京セラ)で5回1失点。それから中6日の登板に、右肩の不安はもう感じていない。「いつも通り」に投げられる‐。昨春キャンプで発症した右肩痛に1年以上も苦しんできた大竹にとって、何よりの喜びだった。

 札幌は好印象の地でもある。昨季6月1日の札幌ドーム、日本ハム戦で1度は復帰した。「悪い投球ではなかった」と7回3失点。チームの勝利に貢献した。

 今年も粘り強い投球を誓う。「何球とか何イニングとか考えず、1アウトでも1イニングでも多く先発としての仕事を果たしたい」

 チームは連敗中。しかも5月5日にバリントンが勝って以来、14試合連続で先発投手に勝ち星は付いていない。「とにかく最少失点で相手より失点を少なく粘っていく意識で、結果が付けばいい」と、復活勝利へ意気込んだ。

 大野投手チーフコーチは「今は肩の回復具合がいい。(球数が)100球いってくれたら」と、右腕のリミットを上げる考え。大竹が中6日ローテで100球を投げ、今季初勝利まで飾れば、チームにとって好影響は計り知れない。

 うれしいニュースもあった。入団以来、公私に世話になり続けた河内(現在は育成選手)がこの日、ウエスタン・ソフトバンク戦(マツダ)で約3年半ぶりに試合で投げたのだ。左肩を手術し、再起へ黙々とリハビリをする姿は同じ肩痛の大竹にとって、何よりの励みだった。

 「投げたんですね。さっきネットで僕も見た。メールしましたよ。去年はずっと3軍で一緒でしたから。河内さんがいたから、1年、僕もやってこれた。僕も頑張ろう、という気持ちになれます」と声を弾ませた。兄貴分の思いも込め、大竹は全開で右腕を振るう。

(デイリースポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

リバディファンファーレ〜怪物〜浦学マーチ
♪キタ───O(≧∇≦)O────ッ♪

明日、3回戦9/25 10:00〜vs川越東戦
一戦必勝‼︎🔥ベスト8目指して頑張れ浦学📣😊
♪若草萌える 武蔵野に
荒川清く 流れゆく
武将の歴史 伝えたる 
鍛うる心 剛健に
貫けひとつ わが道を
ああ 浦和学院 われらが母校♪

もっと読み込む...

 

アーカイブ