広島・大竹が出場選手登録抹消、30日右手精密検査

 広島の大竹寛投手(28)の前半戦出場が絶望的になった。二回に、稲葉の打球がライナーで右手の薬指と小指に直撃。野村謙二郎監督(44)は詳細こそ語らなかったが、「あまりよくない」と長期離脱を示唆した。骨折の可能性が高く、29日にも出場登録を抹消する予定。チームも今季初のサヨナラ負けで、2度目の3連敗。5月の負け越しも決定した。

 野球の神様は非情だった。二回、先頭の稲葉が放った打球が、大竹を襲った。捕球することも、避けることもできない。そのまま打球はライナーで右手に直撃。グラウンドに転がる白球を必死の形相で一塁に送球し、アウトにした大竹だが、マウンド上でグラブを脱ぎ捨て、苦悶の表情を浮かべた。

 ただ事ではないのは明らかだった。すぐにベンチに下がると、首脳陣の動きが慌ただしくなった。ブルペンに何度も連絡を取る大野投手チーフコーチ。結局大竹は再びマウンドに戻ることはなく、試合中に札幌市内の病院で診察し、そのまま宿舎に帰った。

 試合後、野村監督は「あまりよくないみたい」とため息を漏らした。「『(大竹は)まだ行きます』と言ったけど、いい加減にしろ、やめてくれと、止めたよ」と苦笑い。大野投手チーフコーチは「投げられない選手を1軍に置いておいても仕方ない」と出場選手登録を抹消することを明かし、「長引くかもしれない。いなくなるのはチームにとって痛い。治療して早く戻ってきてもらうしかない」と無念の表情を浮かべた。

 このアクシデントに加え、今季初のサヨナラ負けの“二重苦”となったこの日のカープ。「点が取れないというのが一番響いた」と今季5度目の完封負けを嘆いた野村監督。まさに踏んだり蹴ったりの1日となってしまった。

 それにしても大竹の離脱は痛すぎる。右肩痛から復活したのは1週間前の21日オリックス戦。5回1失点と好投し、チームにとってこの上ない明るいニュースになったはずだった。前田健、バリントン、大竹の3本柱で首位争いへ猛チャージをかける‐そんな青写真はもろくも崩れ去った。

 2試合連続の延長戦敗退で、今季2度目の3連敗。5月の負け越しも決まり、貯金もわずか「1」となった。正念場を迎えた野村鯉。大竹に代わる救世主出現を待つしかない。

(デイリースポーツ)

◇大竹 打球当て途中降板…登録抹消へ

 広島・大竹寛投手(28)が28日の日本ハム戦(札幌ドーム)の2回に稲葉の打球を右指に当てて途中降板した。

 札幌市内の病院で診察を受けた。球団は症状については明かさなかったが、29日に出場選手登録を抹消される見込みとなった。大竹は5月21日のオリックス戦(京セラドーム)で右肩痛からの復帰登板を果たし、この日が復帰2戦目だった。

(スポニチ)

◇広島・大竹の1軍登録抹消、山本を登録

 広島は29日、山本芳彦内野手を出場選手登録。大竹寛投手の出場選手登録を抹消した。再登録は6月8日以降。

(日刊スポーツ)

◇広島の大竹が抹消 右手骨折の可能性も 

 広島の大竹寛投手が29日、出場選手登録を抹消された。前日の試合で稲葉の打球が右手に直撃。詳細は発表されていないが、骨折した可能性が高い。大野投手チーフコーチは「指はかなり腫れていたし、長引きそうな感じ。チームにとっては痛い」と語った。大竹は30日に群馬県内の病院で検査を受ける予定。

 この日大竹に代わって、山本芳彦内野手が1軍に昇格し、「7番・左翼」で日本ハム戦(札幌ドーム)に先発出場した。

(デイリースポーツ)

<追 記>

◇大竹の登録抹消、30日右手精密検査

 広島は29日、28日の日本ハム1回戦(札幌ドーム)で右手に打球が直撃した大竹寛投手の出場選手登録を抹消した。30日に群馬県館林市の病院で精密検査を受け、その後の治療方針を決める。

 大竹は二回に右手の薬指と小指に打球を受けて途中降板した。右手は腫れているという。球団によると、28日に札幌市内の病院では簡易検査となったため、30日に精密検査を受けることにした。大野投手チーフコーチは「(早期復帰は)難しそうだ。せっかく(右肩痛から)復帰してくれたのに」と話した。

 代わって山本芳彦内野手が昇格した。

(中国新聞)

◇不運な広島“元エース” アクシデントで再度2軍

 前日28日の試合中に打球を右手薬指、小指に当てて途中降板した大竹がこの日、出場選手登録を抹消された。

 今後については、30日に群馬県館林市内の病院で故障箇所を再検査した上で決める。アクシデントで先発ローテの一角を失うことについて、大野投手チーフコーチは「時間がかかるかもしれない。チームとしては痛いが、全員でなんとかやっていくしかない」と話した。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

あれよね
浦学にしか興味なかったのにTwitterやグラスラの影響で色んな高校観るようになって楽しいんだけど浦学の対戦相手が好きな高校だとモヤモヤしちゃうのよね

沖縄県読谷村出身で、最速140キロを誇る。スライダー中心の配球で要所を ...
リンク:
タ グ:#スライダー中心 #上尾 #左腕 #最速140キロ #森士監督 #母校 #沖縄県読谷村出身 #浦和学院 #要所 #配球

もっと読み込む...

 

アーカイブ