試合速報はこちら

秋季関東高校野球きょう開幕 選抜出場へ県勢あす初戦

 来春の第84回選抜高校野球大会への最終関門となる第64回秋季関東高校大会は29日から7日間、山梨県小瀬スポーツ公園野球場で行われる。関東6県の上位2校と開催県3校を合わせた計15校が出場。選抜大会出場が確実となるベスト4以上を目指し、熱戦が繰り広げられる。埼玉からは浦和学院と花咲徳栄が出場。県大会で3年連続12度目の優勝を飾り、連覇を狙う浦和学院は、30日の1回戦で昨秋の関東大会決勝で対戦した東海大相模(神奈川2位)と激突。同準優勝の花咲徳栄は31日、今夏の甲子園で4強入りしたメンバーが多く残る作新学院(栃木1位)と1回戦を争う。埼玉代表2校の地区、県大会の成績と戦力分析を紹介する。

◇浦和学院 強打、機動力で連覇を狙う

 打率3割8分1厘、全7試合で2桁安打をたたき出した強力打線を武器に、大会連覇と2年連続の選抜大会出場を目指す。

 今夏主力で佐藤、笹川、石橋、竹村が強打をけん引。中でも3番佐藤の打撃センスはピカイチだ。15安打、15打点はいずれもチームトップ。171センチと小柄ながら3本塁打と長打力も抜群で、準決勝の聖望学園戦では逆転サヨナラ2ランを放った。初球から迷いなく振り切れる度胸もある。

 4番笹川は打率では佐藤を上回る。長打力に加えて7四球と選球眼にたけ、好機も演出できる。11打点の6番石橋、10得点の1番竹村は広角打法。このほか2番林崎、9番緑川は小技が利きしぶとい。主軸は足が速く、機動力も駆使し、大量点を狙う。

 投手陣はチーム防御率1・41と安定しているものの柱が不在。継投で乗り切る展開となりそうだが、1年生右腕の涌本と山口に注目したい。涌本は、県大会5試合中3試合に先発。20回3分の2で2四死球と制球力がある。花咲徳栄との決勝で3失点完投の山口は、変化球でカウントを稼げるのが強みだ。左横の1年生渡辺はロングリリーフが可能。昨秋は大車輪の活躍で、関東制覇の原動力となった右腕佐藤の復活にも期待が懸かる。

 守備陣はセンターラインを中心に、3失策と堅い。つまらないミスに気を付ければ、より一層攻撃にリズムが生まれる。

◇「目標へ向け必勝」 森士監督

 大会に出る以上、優勝を目指す。全国で勝つという目標へ向けて、一戦必勝で地力を付けて行きたい。

◇「相手全力で倒す」 明石飛真主将

 優勝は意識しないで、目の前の相手を全力で倒しにいく。その結果、優勝にたどり着ければいい。

◇対戦校の横顔 平均7.2得点 打撃が売り 東海大相模

 前回の選抜大会優勝校。3年連続17度目出場で、浦和学院とは3年連続の対戦。

 1試合平均7.2得点の打撃が売り。磯網・森下・三井ら選抜優勝メンバーが残り、経験値も高い。上位打線から足や小技を絡めるのも特長。3番森下はチーム1の20安打、5割7分1厘を誇り、左打者の4番三井は打率は高くないが、11打点と勝負強さがある。

 エースは、選抜大会でも登板した技巧派左腕の庄司。6試合で5完投(2完封)、防御率1.84と安定している。スライダーや緩いカーブなど、多彩な変化球を低めに集めて打ち取る。本格派の右腕笠間が控える。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。