投手で1番、浦学佐藤は散る/神宮大会

<神宮大会:日大三5-2浦和学院>◇4日目◇16日◇高校の部準決勝◇神宮

 初出場浦和学院(埼玉)の1年生エース佐藤拓也投手が決勝を前に力尽きた。前日に続いて先発マウンドを任されたが、4回に3ラン含む3安打を集められ、2四球も絡んで4点を失った。佐藤は「ピンチをつくって(ストライクを)入れにいったところを打たれました」と振り返った。「投手で1番」の1年生右腕として注目を浴びた初の全国大会は、4強で終わった。「下半身を鍛え、ボールのキレを磨いて全国で通用する投手になりたい」と目標を挙げていた。

(日刊スポーツ)

■明治神宮大会・準決勝

 日大三が初出場の浦和学院を下し決勝進出を決めた。日大三は6安打で5点と効率的に得点を重ねて試合を優位に運び、投げては先発の吉永が7安打をされながらも2失点に抑えた。浦和学院は日大三より安打数は多かったが、あと一本が出ず黒星を喫した。

浦和学院
000000101=2
00040001x=5
日大三(東京)

▽バッテリー
【日】吉永-鈴木
【浦】佐藤、中山-森

▽本塁打 菅沼=4回3ラン(日)
▽二塁打 石橋2、日高(浦)畔上(日)

安打:浦7、日6
失策:浦0、日2

【浦和学院】
①佐 藤4-1-0
⑨柴 崎2-0-0
1中 山1-0-0
⑥小 林4-0-0
⑤沼 田4-0-0
③日 高4-2-0
⑧石 橋3-2-0
② 森 4-0-0
⑦笹 川4-1-1
④遠 藤3-1-0
H明 石1-0-0
(打数-安打-打点)

▽投手成績
<佐藤>
5回、86球、被安打4、2奪三振、四死球5、自責点4
<中山>
3回、39球、被安打2、2奪三振、四死球1、自責点1

浦7111037
 振球犠盗失併残
日4603214




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ