取り残されたドラフト…151キロ腕2年後に懸ける・内山拓哉(28期生)

uchiyama_001.jpg
【写真】JR東日本東北から2年後のプロ入りを目指す東洋大・内山(スポニチ)

 東都大学野球1部の各大学の4年生の進路が、決まった。ロッテからドラフト1位指名された東洋大・藤岡貴裕投手と、同3位の鈴木大地内野手の2人がプロへと進む。また、2部からも国学院大・高木京介投手が巨人に入団。東洋大の内山拓哉投手はプロ志望届を提出しながら指名漏れの悔しさを味わったが、社会人野球のJR東日本東北に進んで2年後のドラフトを待つ。

 10月27日。藤岡と鈴木大がドラフトの指名会見に臨んだ、東洋大・白山キャンパスの別室。チームメートが晴れ晴れとした表情を見せたのとは対照的に、指名漏れした内山は「指名されないと思っていた…」。覚悟は決めていたが、同時に「取り残された…」と悔しさがこみ上げてきた。

 右横手から繰り出す直球は最速151キロを誇り、藤岡とともに1年春から試合経験を積んできた。その藤岡が大学通算27勝を挙げたのに対し、内山は8勝止まり。その別れ目となったのが「自分に甘さがあって、ストイックになりきれなかった」ことだった。高橋昭雄監督は「勝ちに対する執念の差かな。格好いい野球をやり過ぎた」と2人の違いを分析する。直球の勢いはあるが、安定感を欠くことが課題。今年9月28日の日大戦では先発するも1死しか奪えずに1失点し、わずか11球で降板を命じられたこともあった。屈辱の大学ラストシーズンは0勝2敗で幕を閉じた。

 新天地はJR東日本東北。現役時代にJR東日本でプレーした父・成弘さんと同門となる。「小さい頃は、あの緑のユニホームを着て東京ドームでプレーするのが夢だった」。しかし、内山の目標はその先へと変わった。「リーグ戦だった大学とは違い、社会人は一発勝負。もっと(自分に)重圧をかけて練習していきたい。藤岡や鈴木大に追いつけ追い越せの気持ちでやります」。ドラフトの悔しさは2年後のドラフトで。なりふり構わず、泥臭く。「今回のドラフトは2年後の勉強。勝利に貪欲になってもらいたい」。厳しい言葉ながらも熱いエールを送る高橋監督の言葉を信じ、新天地で夢への扉を開く。

◆内山 拓哉(うちやま・たくや)

 1989年(平元)4月6日、東京都豊島区生まれの22歳。埼玉・大成小4から大宮ジャガーズで野球を始め、大成中まで内野手。浦和学院から本格的に投手に転向し、2、3年夏に甲子園出場。東洋大では1年春から試合に出場して通算成績は36試合8勝3敗。1メートル77、72キロ。家族は両親と姉。右投げ右打ち。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ