<浦和学院だより>濃密練習で強化 2年生不在 自立を促進

201202161333.jpg
【写真】ティー打撃に取り組む竹村(右)ら浦和学院ナイン=15日午後、浦和学院室内練習場(埼玉新聞)

 2年生が16日まで修学旅行で不在のため、チームは1年生のみで活動。15日は午後2時から約5時間の練習を行った。

 グラウンドが工事中で使用できず室内での練習となったが、密度の濃い内容。ティー打撃を500本振り込んだ後、投手、野手に分かれた。

 投手陣はウエート場でトレーニングを行い、課題でもあるフィールディング練習を意欲的に取り組んだ。野手陣は前からの緩い球を、コースに逆らわず打ち返すハーフ打撃を実践し、捕球態勢を確認しながらの守備練習で締めくくった。

 “自分たちで考えて、率先して行動をとる”をテーマに掲げてきた1年生のみの練習も、16日が最終日。修学旅行中の森監督に代わり指揮する中村コーチも「1週間の成果を見せてほしい」と期待を寄せていた。

◇「正確に早く」 涌本が意欲

 昨秋の県、関東大会でエースナンバーを背負った涌本が生き生きとしている。この冬に投球フォームを少し変えたことで直球の威力が格段に増した。「球がいい感じにいっている」と表情も明るい。

 だが、もっとも力を注ぐのはフィールディングだ。昨秋の明治神宮大会の愛工大名電戦で8回途中まで好投しながらも足で揺さぶられ、降板した悔しさがあるから。「正確に早く」をテーマに取り組む右腕は「甲子園では誰にもマウンドを譲らない」と夢舞台で活躍する姿を思い描いている。

◇攻守の軸に 竹村奮闘

 リードオフマン・竹村は打撃に守備に、課題を明確に持っている。

 打撃練習では重いバットを一球一球フルスイングし、ヘッドスピードの向上に必死だ。前からの緩い球を打ち返すハーフ打撃では、「捉えられてなかった」と言いながらも、体に巻きつくようなスイングは健在だった。

 守備面では昨秋に送球が安定しなかった反省を生かし、肘を高く上げることを意識。夏からレギュラーを張る背番号6は「守備から流れをつくりたい」と攻守でチームをけん引するつもりだ。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ