浦学、投打に精彩欠く 焦りでミス連発

(27日・県営大宮)

 第15日は準決勝2試合が行われ、Aシード花咲徳栄とノーシードの本庄一が28日の決勝に駒を進めた。花咲徳栄は9年ぶり2度目、本庄一は2年ぶり3度目の進出。両校の決勝対決は初めて。

 花咲徳栄はBシード川越東に3-2でサヨナラ勝ち。同点で迎えた延長十回、英が遊撃強襲の内野安打を放ち、試合を決めた。先発の橋本は12安打を打たれながら、要所を締めて完投した。川越東は角野の二塁打で先制したが、3番手で登板したエースの高梨が最後に力尽きた。

 本庄一はAシード浦和学院に4-1で逆転勝ち。1点を追う六回に田尻と中沢の適時打で2点を奪った。投げては田村和が7安打を浴びるも連打を許さず、1失点に抑えた。浦和学院は石田の適時打で先制。2番手阿部も好投していたが、守備のミスが重なり崩れた。

 花咲徳栄は2001年以来9年ぶり2度目、本庄一は記念大会で2代表だった08年以来2年ぶり2度目の頂点に挑む。

◇優勝候補らしくない姿 焦りでミス連発

 浦和学院らしさはどこへ行ったのか。ミスと焦りの連鎖で自滅。「ここで負けるようなチームではなかった。とても悔しい」と森監督はショックを隠し切れない。春の関東大会を2連覇した優勝候補の本命が準決勝で姿を消した。

 三回、石田のタイムリーで先制したところまでは良かった。三回に先発南から継投した阿部も好投を続けていたが、思わぬミスが出てしまった。六回、失策で出した走者に走られ、悪送球で三塁まで進まれた。その後3安打で逆転を許した。

 「絶対走ると思って警戒していたが、二遊間との連係が取れなかった」と捕手久保。指揮官は「最後にばたばたミスが続いた。焦りがあったと思う」と首をかしげる。

 打線は本庄一の田村和を捕らえるものの、打球が野手の正面を突くなど崩せなかった。3番星は「気合が入って、いい投手だった」と認めた。

 絶対に勝ちたい理由があった。準々決勝で主砲原がレフトの守備で打球を追ってフェンスに激突し、左ひざを亀裂骨折した。翌日に入院し、この日手術を受けた。背番号7のユニホームがベンチに飾られ、普段から仲が良い萩原大は「絶対に甲子園に出させてやりたかった」と涙した。

 森監督は「春に強いチームは夏も強い」と自信を示してきた。県大会決勝で花咲徳栄に敗戦後、関東大会では5試合中3試合で逆転勝ちし、勝負強さを見せた。久保も「自分たちの代で甲子園に行って勝つ」と全国での活躍を見据えていた。

 だが昨年に続き、関東王者は県大会で夢破れた。前年甲子園を逃すと必ず翌年はリベンジしてきた。浦和学院が2年連続で優勝を逃したのは1998年以来、12年ぶりだ。

◇平常心保てず 天仰ぐエース

 中3日と満を持して登板した期待のエース阿部が自滅した。ゲームセットの瞬間、天を仰いでぼうぜん自失。グラウンドに崩れ落ち、大粒の涙を流した。

 堅守を誇るチームにエラーが連発。その焦りから「自分がなんとかしなくては」と平常心を失ったのが乱調の原因だ。

 打ち込まれたのは六回。先頭打者が三塁手石田の一塁悪送球で出塁。続く3番打者の時には、盗塁を刺そうとした捕手・久保が二塁へまさかの悪送球。「これで焦った」と阿部。ストレートが甘く入り、4番田尻と6番中沢に打ち込まれ、同点、逆転打となった。七回にも甘いカーブを打たれて追加点。九回にはまさかの暴投で1点を献上した。

 「焦りからここ一番で甘いボールを投げてしまった。悔しい。甲子園に行きたかった」と阿部。力ない小さな声を絞り出した。

 森監督は「一瞬のスキを狙われただけ。1人で良く投げた。エラーをカバーできなかったチームの課題」と力投したエースを気遣った。

◇打撃で貢献も失策を悔やむ

 強打浦学の切り込み隊長の石田。この日は得意の直球に狙いを絞り序盤から田村和を打ち込んだ。

 一回の左前打に続き、三回は先制の中前適時打。準々決勝で負傷した原への思いが強く「原に打たせてもらった」とつぶやいた。しかし打線にいつもの勢いがなかった。「あそこからどんどん得点するはずだったのに、焦って仕留められなかった」

 三塁手として今大会無失策の堅守を誇ったが、六回に焦りから失策を犯し、本庄一に好機を与えてしまった。「原に申し訳ない」と最後まで繰り返していた。

◇ベンチの主将 最後の夏に涙

 「まだいけるぞー」。主将としてチームをまためた国分は、三塁ベンチで記録をつけながら、祈るような思いで大声を出した。

 今春から主将の大役に。必死に練習したがベンチ入りメンバーから外れた。悔しかったが、記録員としてベンチ入りし、「気持ちでみんなを引っ張る」ことを決めた。

 ベンチに戻ってきたナインに「気持ちを切り替えていこう」などと言葉を掛け続けた。「同じ場所でみんなのプレーを見られてよかった」。最後の夏が終わり、顔を右腕に押し付け、静かに泣いていた。

(埼玉新聞)

◇浦和学院のOB 寮で寝食ともに 大学生の浦野さん

 浦和学院側の応援席には、真っ黒に日焼けした顔の浦野佑真さん(21)がいた。同校OBの大学生コーチだ。

 今大会を前に2カ月間、選手たちとともに寮に住み込み、寝食をともにした。チーム全体を盛り上げようと、ベンチ入りが難しい選手の士気を高めてきた。

 4年前、甲子園に出場した際、記録員を務めた。「ここまで来たら技術の差じゃない。甲子園に行きたいという気持ちをいかにもつかだ」と後輩たちのプレーを見つめた。

(朝日新聞埼玉版)

◇準決勝

本庄一000 002 101|4
浦和学001 000 000|1

 本庄一がしぶとく食い下がり、浦和学院に逆転勝ちした。

 本庄一は浦和学院のエース阿部を攻略した。1点を追う六回、先頭の谷本が敵失で出塁すると盗塁で揺さぶり、無死一、三塁から田尻の左前適時打で同点。さらに、1死一、三塁で中沢が中前に決勝打を放った。

 七回にはエース田村和の左犠飛で1点を追加。九回には暴投で4点目を挙げた。田村和は1失点完投。緩急をつけた投球で被安打7でしのいだ。

 浦和学院は中軸が抑えられ打線がつながらず、1得点するのがやっとだった。守備も内野が3失策と崩れ、南-阿部の継投も機能しなかった。

【浦和学院】
⑤石 田 4-2-1
④濱 田 3-1-0
⑧ 星  4-0-0
②久 保 4-0-0
③萩原大 4-0-0
⑥小 林 3-0-0
⑨海 野 4-2-0
① 南  0-0-0
1阿 部 3-2-0
⑦荒 井 2-0-0
H石 橋 1-0-0
7萩原翔 0-0-0

(打数-安打-打点)

▽投手成績
   回打 投安振球失責
田村和935 11973111

 南 29 7411300
阿 部731 10283042

▽バッテリー
【浦】南、阿部-久保
【本】田村和-葉梨

▽三塁打 阿部(浦)
▽二塁打 濱田(浦)

本4351009
 振球犠盗失併残
浦3120307




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

行きたかったなー県営😭

高校野球は、特に浦学は私の唯一の癒しなのに…(T ^ T)

当然だろうけど、今年の白翔祭は非公開なんだな
1年に1度、堂々と浦学の校内に入れる大事な行事だったんだが…😭

埼玉新聞によると、シード校を選ぶ投票結果は

浦学=31票
徳栄=30票
共栄=18票
聖望=12票

浦学は栄戦の13-0が効いたかな?
共栄と聖望の差が思ったより大きかったな。

明日は初戦!!
徳栄も浦学もがんばれ!!😊

浦学は
左京さん、よしえさん、ままりん、
アヤさんが居るから大丈夫だと思います(o´罒`o)

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● 彼女いるんですか?…
● 彼女って浦学の赤学年ですよね?…
● のっくぴーや…
● ズバリ好きな人は??…
#質問箱 #匿名質問募集中

peing

匿名で聞けちゃう!Kazuさんの質問箱です

ヤキュウブ⚾️

peing.net

もっと読み込む...

 

アーカイブ