試合速報はこちら

はばたけ浦学:センバツ2012 甲子園に臨む選手たち/3

◇普段通りのプレー誓う--木暮騎士(きぐれ・ないと)三塁手(1年)

 昨年11月、関東大会優勝校として出場した明治神宮大会・愛工大名電(愛知)戦。四回2死一塁で打順が回ると、相手エースのアウトコースの直球を迷わず振り抜き、先制点を挙げた。

 勝負強さを買われ、昨秋は公式戦12試合のうち11試合に出場。四死球9と選球眼の良さを発揮し、走者のいる好機では期待に応え10打点を挙げた。だが本人は「右方向への打撃が課題」と妥協しない。

 ユニホーム姿にあこがれ小学校入学とともに野球を始めた。打席に入る時は「俺が打つ」と信じて疑わない。甲子園では「普段通り伸び伸びプレーする」と誓っている。

◇先輩たちを勝たせる--竹村春樹遊撃手(1年)

 「1番打者の粘りが相手に与えるチームの印象を左右する」との誇りを持ちリードオフマンの役割を果たしてきた。公式戦12試合の出塁率4割3分1厘、三振はわずか1。球に食らいつくしぶとさがある。

 栃木市出身で、1学年上の笹川晃平外野手とは中学時代のチームメート。全国中学野球選手権大会で飛球を取り損ねたことが苦い思い出で、今でも練習で疲れを見せると笹川選手から「俺たちを負けさせるつもりか」と発破をかけられる。

 昨春は入学前だったが甲子園のバックネット裏で浦学の試合を見た。「今度は先輩たちを勝たせる」。そう心に決めている。

(毎日新聞埼玉版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。