試合速報はこちら

センバツ浦和学院 俺に任せろ(4)石橋左翼手、笹川右翼手

◇本番で誓う勝負強さ 石橋司左翼手

201203101333.jpg
【写真】「甲子園で勝負強さを見せたい」と意気込む石橋司(埼玉新聞)

 183センチ。左打席から放たれる打球は次々と外野の頭を超える。スケールの大きさは石橋がチーム一と言っていい。

 小学3年で野球を始め、中学までは投手一筋。高校入学後、外野手に転向するとすぐに頭角を現した。1年春の関東大会で3ランを放つなど、中心打者を担ってきた。

 だが、昨年の選抜大会では5番中堅手でスタメン出場したが「雰囲気にのまれてしまった」と4打数無安打に終わった。

 打席での迷いを取り除く意味でも、課題練習では守備面の向上にほとんどの時間を費やした。打球への入り方から送球に移るまでの動作を繰り返し、体に染み込ませた。

 昨秋は打率3割7分2厘、13打点と数字的には文句なし。それでも3、4番の影に隠れ、「打率は高いけどあまり印象に残らない」と仲間にからかわれる。だからこそ「5番として、ここで1点が欲しいという場面で打ってチームを救いたい」。意気込みも半端ではない。

◇成果示す謙虚な4番 笹川晃平右翼手

201203101403.jpg
【写真】4番としての責任感の強い副主将の笹川晃平(埼玉新聞)

 「ホームランは打ちたい。けど、初回のチャンスで打って点を取ることの方が大事」。破れた皮手袋を器用に縫い合わせながら、4番笹川は静かに闘志を燃やす。

 目を閉じると浮かぶシーンがある。それは昨夏の埼玉大会準決勝の花咲徳栄戦。2-6の九回2死一、三塁で打席へ。一本出れば戦況は分からない。だが外のスライダーにバットは空を切った。この瞬間、春夏連続を狙ったチームの甲子園出場が途切れた。「先輩たちに申し訳なくて」

 この敗戦が笹川を変えた。「辛くても絶対に妥協はしない」。それまでは言われるタイプだったが、厳しいトレーニングでも常に先頭に立ち、遅れだす仲間を鼓舞する。

 遠投は桁違いの120メートルを誇り、守備範囲も広い。50メートル走も6秒ジャスト。選球眼にもたけ、非の打ち所はない。「まずは初戦に勝って(卒業した)3年生に恩返ししたい」。謙虚さ、責任感の強さも人一倍だ。

(埼玉新聞)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。