試合速報はこちら

投打で地力の差 浦学、春日部東にコールド勝ち

(10日・県営大宮ほか)

 第5日は3回戦の残り4試合が行われ、8強が出そろった。

 聖望学園は延長十二回、代打粟田のサヨナラ適時打で市川口を2-1で破った。坂戸西は九回、黒沢智がサヨナラ打を放って富士見に4-3で逆転勝ち。2試合連続のサヨナラで、8年ぶりの8強入りを果たした。

 立教新座は五回、代打町田が決勝打。小寺、田仲の継投で川越西の反撃を無失点でしのいだ。第2シード浦和学院は春日部東に七回コールド勝ち。先発阿部が七回を2安打無失点に抑えた。

 第6日は11日、県営大宮で準々決勝4試合が行われ、ベスト4が決定。準々決勝からは有料試合(一般500円、中高生200円)となる。

◇投打で地力の差 浦和学院

 浦和学院が春日部東に七回コールド勝ちした。森監督も「きょうは(投打で)良かった」と手放しで褒めた。

 一回、相手投手の制球難もあり、2安打で4点を奪った。重盗で先制のホームを踏んだ石田は「いけると思ったので突っ込んだ」。2点適時打の森は「積極的に直球を打ちにいった」と迷いなくプレーをした。

 エースの阿部も2四死球を与えたが、10奪三振と好投。直球が走っていたのに加え、「カーブでもストライクが取れた。出来すぎ」とはにかんだ。

(埼玉新聞)

◇3回戦

【県営大宮】

春日部東
0000000 |0
4000111x|7
浦和学院

(7回コールド)

【春】菊池、菅原、中村-冨田
【浦】阿部-久保

▽三塁打 阿部(浦)
▽二塁打 久保(浦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。