<浦和学院だより>球児の春、あす開幕 気持ちは本番モード

201203201501.jpg
【写真】森監督(中央)の下、ノックに励む浦和学院の選手=19日午後、兵庫県宝塚市のビーコンパークスタジアム(埼玉新聞)

 第84回選抜高校野球大会は32校が参加し、21日から兵庫県西宮市の甲子園球場で12日間の熱戦がスタートする。

 浦和学院は初日第2試合で敦賀気比(福井)と対戦する。

 20日は同球場で午前10時から開会式のリハーサルを行う。東日本大震災を受け、前回大会は式を簡素化したが、今大会は通常通り実施する。選手宣誓は震災で深刻な被害が出た21世紀枠の石巻工(宮城)の阿部翔人主将が務める。

◇気持ちは本番モード

 大会開幕日に行われる敦賀気比(福井)との初戦を2日後に控えたチームは19日、兵庫県宝塚市のビーコンパークスタジアムで約6時間、入念な調整で汗を流した。

 走者を置いてのバント練習、シートノック、シート打撃、フリー打撃など実戦メニューを幅広く行った。投手陣はエース佐藤らがブルペンで投げ込んだ。20日は午前に開会式リハーサルがあり、午後の練習時間も限られているため、残された時間を惜しむように次々と練習内容をこなした。

 試合が目前に迫っていることについて、森監督は「バタバタしながらやるしかない。間延びして待っているよりはいい。もともと開幕に合わせて準備してきた」と、既に戦闘モードに入っていることをうかがわせた。

 関西入りしてからの練習試合は2戦2勝と、上り調子で開幕を迎える。16日は東洋大姫路(兵庫)を11-0、18日は報徳学園(兵庫)を9-2で下した。東洋大姫路戦では先発の山口が5回を5安打無失点。報徳学園戦では佐藤が先発し、4回2安打無失点で5奪三振だった。打者では新2年生の山根が2試合連続本塁打。4番笹川にも待望の一発が出た。リードオフマンの竹村も2試合で8安打と当たっている。

◇欲しかった一発 主砲上り調子 笹川

 頼もしい主砲に欲しかった一発が飛び出した。4番笹川は最後の練習試合となった報徳学園戦の六回、先頭で右越えソロ。「ちょっとこすったけど、思ったより飛んだ」と振り返る。さらに2安打も放ち、調子は上向きだ。

 ほんの2、3日前まで不振を極めていたというが、「森先生に教えてもらって感覚をつかんだ」と指揮官の指導で変化。昨年の選抜でもスタメンだった右翼手は、「去年の経験があるし、焦りはない。リードしていきたい」と下級生を引っ張っていく男気を見せた。

◇山根が急成長 2試合連続弾「打撃の調子はいい」

 新2年生で背番号7の山根が急成長を遂げている。関西入り後の練習試合で2試合連続弾。期待の若手は「打撃の調子はいい」とほほ笑んだ。

 東洋大姫路戦では五回に代打で2点三塁打。八回には左越え2ランを放った。報徳学園戦ではスタメンに名を連ね、二回の右越えソロを含め、3安打と固め打ちした。

 大舞台を前に「初めてでちょっと緊張しているけど、ミスを恐れず積極的に初球から振っていきたい」と話す。昨秋は控えながら、甲子園での先発出場も十分あり得る。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ