<浦和学院だより>新たな歴史へ第一歩 11日、高崎商と初戦

201208091333.jpg
【写真】開会式で堂々と行進する浦和学院ナイン=8日午前、甲子園球場(埼玉新聞)

◇浦和学院、堂々の行進

 第94回全国高校野球選手権大会は8日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式を行い、埼玉代表で4年ぶり11度目出場の浦和学院など49代表校の球児による15日間の熱戦が幕を開けた。

 真夏の太陽の下、開会式は午前9時に開始。3万4千人の観衆が見守る中、南から北の順に出場校が入場行進し、38番目に登場した浦和学院は足並みをそろえ、堂々と行進した。

 選手宣誓は酒田南高(山形)の下妻貴寛主将が行った。また、東日本大震災の被害が深刻だった東北3県から球児3人も招待。宮城農高の佐々木大地主将が開会式の入場行進の先導役を務め、始球式で双葉高(福島)の猪狩駿投手がマウンドから大槌高(岩手)の金野利也捕手に白球を投げた。

 浦和学院は大会第4日の11日、第1試合で群馬代表の高崎商と対戦する。

◇新たな歴史へ第一歩

201208091335.jpg
【写真】開会式を終え、初戦に向けて一層気合が入る浦和学院ナイン=8日午前、甲子園(埼玉新聞)

 ナインは8日、午前9時から開会式に参加し、3万4千人の大観衆が見守る中、はつらつと入場行進した。

 その後、午後1時半からは兵庫県伊丹市の住友総合グラウンドで約2時間の練習に臨んだ。

 シートノック、シート打撃のほか、フリー打撃ではマシンの左変化球、左投手の2カ所で打ち込み。ファウルゾーンでは、速球にセットされたマシンでバント練習を入念に繰り返していた。

 開会式直後の試合をチームは観戦。福井工大福井が初回に3点を奪い、4-2で勝利したことを目の当たりにし、森監督は「立ち上がりが大事だね」と、あらためて実感した様子。遊撃手で1番の竹村も「守りだったらしっかりとリズムをつかむ。攻撃だったら相手を攻め込み点を取ること。練習から一発目を大切にしたい」と気持ちを入れ直していた。

◇あふれる喜び、戦う力に変え

201208091345.jpg
【写真】開会式で整列する浦和学院の選手たち(埼玉新聞)

 浦和学院が、夏の甲子園に帰ってきた。

 「リズムがずれないように気を付けた」という中堅手西岡の掛け声で、胸を張って堂々と聖地の土と緑の芝生を踏みしめたナイン。チームモットーでもある、「心の足並みのそろった全員野球」を、まずは入場行進で体現してみせた。

 選抜大会には2年連続の出場も夏は4年ぶり。三塁側の内野スタンドから、精悍(せいかん)な顔つきで行進するまな弟子たちを見つめた森監督は「ここに戻ってこられた」と言葉に実感を込める。携帯で行進写真を撮って、お世話になった人にお礼のメールを送信したという。

 埼玉開催だった2010年の秋季関東大会から一新した、白を基調とした縦じまのユニホーム。甲子園の真夏の日差しを浴びるのは初めてだ。優勝旗を持ってチームの先頭を歩いた主将の明石は「やっとスタートラインに立てた。目標を達成できるチャンス。自分たちの代でウラガクの新たな歴史をつくりたい」。全身からあふれ出た喜びを、激戦を勝ち抜くエネルギーに変えるつもりだ。

◇浦和学院ナインのひと言

(1)佐藤拓也投手
 楽しかった。春より観客が多くて早く試合がしたい。

(2)林崎龍也捕手
 貴重な体験をさせてもらってうれしい。優勝したい。

(3)明石飛真一塁手
 いよいよだなという気持ち。手拍子の数が多かった。

(4)緑川皐太朗二塁手
 球場を流れる風が独特で気持ち良かった。

(5)高田涼太三塁手
 こんなに人が多くてびっくり。最高でした。

(6)竹村春樹遊撃手
 夏に戻ってこられたことが当たり前ではないと感じた。

(7)山根佑太左翼手
 春とは雰囲気が違った。うまく歩けたと思う。

(8)西岡伸朗中堅手
 吹奏楽の音や観客の多さに球場の大きさを感じた。

(9)笹川晃平右翼手
 夏は初めて来て、暑いけど夏の方がいいと感じた。

(10)山口瑠偉投手
 緊張感があった。春に続き、夏にも行進できて最高。

(11)池山颯人投手
 ほかの球場と違う。最後の夏に行進できて良かった。

(12)森戸佑樹二塁手
 この場にいられることに感謝して、全力を尽くす。

(13)石橋司左翼手
 春よりも日差しが明るい。気持ちも高ぶってきた。

(14)小島和哉投手
 人が多く緊張した。この大歓声の中で試合がしたい。

(15)吉川智也三塁手
 まぶしかった。試合に向けてしっかり準備をする。

(16)渡邊剛投手
 行進している時は暑さを忘れていた。試合ができる状態を保つ。

(17)涌本亮太投手
 でかかった。行進できてうれしい。ここで投げたい。

(18)服部将光左翼手
 目標の場所。観客も多く、やっぱり素晴らしい。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ