<浦和学院だより>21年ぶり4強へ平常心 きょう北照戦

201303310700.jpg
【写真】北照戦を翌日に控え、威勢良くシートノックを行う浦和学院の選手たち=30日午後、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場(埼玉新聞)

 2年連続のベスト8入りを果たした浦和学院は31日の準々決勝で、北照(北海道)と対戦する。勝てば、就任1年目の第64回大会(1992年)以来、21年ぶりの4強を目指す森監督は、「いろいろな邪念を吹き払って、緊張感を楽しみながら思い切りやるだけ」と平常心を強調した。

 チームは前日の30日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場などで、約4時間の最終調整を実施した。

 打撃練習では、北照のエース大串を想定し、左投手相手に一回り攻撃。3回戦で途中出場ながら2安打2打点と活躍した服部が、レギュラー組の左翼に入った。ブルペンでは左腕エース小島、右腕山口が投げ込みを行った。

 29日の3回戦では打線が14安打と爆発し、山形中央に11-1で大勝。好機になかなか一本が出なかった初戦の土佐(高知)戦から、しっかりと修正した。森監督は「一戦ごとに選手たちの動きは良くなり、精神的にも乗ってきている。いい形で準々決勝を迎えられる」と自信を見せた。

 北照は初戦の2回戦で15安打を放ち、菰野(三重)に7-0で快勝。3回戦の尚志館(鹿児島)戦では一回の猛攻で4得点を奪い6-3で勝った。打線は強力で、左腕エース大串は初戦完封、3回戦は11奪三振。

◇左腕対決に闘志「負けたくない」 小島

201303310701.jpg
【写真】バント練習を行う小島。後ろは高田(埼玉新聞)

 さすがは頭脳派左腕。すぐさま修正してきた。

 エース小島はブルペンで打者を立たせて35球。「(昨日は)投げ急いで頭が突っ込んだ。六、七割ぐらいのつもりで、力まないことを意識した」。山形中央との3回戦で珍しく制球を乱したが、この日は西川のミットに次々とキレ味抜群の直球と変化球を投げ込んだ。

 北照のエース大串との好左腕対決に闘志を燃やす。「コントロールが良くて見習うところがある」と相手を立てた上で、「負けたくないです。勝ちますよ」と不敵な笑みを浮かべていた。

◇上位進出目指し「人生懸け戦う」 高田

 山形中央戦の六回に左翼席に突き刺すソロを放ち、チームを再び加速させた4番高田。2戦連発の期待も膨らむが、「昨日は昨日。投手のタイプも変わるし、低い打球を打つことだけ。(本塁打を)狙うことはしません」と自らを見失わない。

 三塁手のレギュラーとして出場した昨夏の甲子園は、3戦目で敗れた。背番号5は、「ベスト4より、もっと上を目指している。自分の結果よりも、とにかくチームが勝つこと。野球人生を懸けて戦いたい」と、最後まで威勢は良かった。

◇打ち破れ3勝の壁

 「優勝するためには次だよね」。実感を込めた森監督の第一声が、この試合の重要性を物語る。一戦必勝の精神を貫く浦和学院にとっても、北照との準々決勝は特別な一戦で、最初のヤマ場になることに間違いはない。

 北海道王者の北照は明治神宮大会で浦和学院の上をいく4強入り。前回の選抜大会のメンバーが半数を占め、左腕大串や3番吉田など攻守にバランスの取れた強豪。ここ2戦も快勝している。

 浦和学院もエース小島を中心に山根、高田ら中軸が振れている。似たチーム同士で戦力的にも互角だろう。森監督は「必ずロー(スコア)ゲームになる。迷いなく、勇気を持ってやること」と拳を握り、チームが普段の練習から培ってきた瞬間の判断力、決断力が勝負の鍵になるとした。

 昨春、夏とともに3戦目で敗れている。それだけに選手たちの決意も並大抵ではない。主将の山根は「次勝たないと先輩たちを超えられない。今年は絶対に勝つ」。攻守の要・竹村も「目標の日本一を取るために大切な試合。自分たちの全てを出す」と語気を強める。

 一方で、森監督は「ここから勝ち上がるために練習してきた。成果をどれだけ発揮してくれるか楽しみ」と笑顔で語り、ナインの戦いぶりに大きな期待を寄せていた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ