試合速報はこちら

浦和学院、逆転で初の決勝進出 江口1失点完投

201411171301
【写真】力投する浦和学院・江口=神宮

 関東地区代表の浦和学院が、逆転勝ちで決勝に進出した。

 1点を追う四回、敵失で同点とし、なお1死満塁から6番・高橋の右翼への2点適時二塁打で勝ち越し。さらに7番・荒木の適時打と犠飛で、一挙5点を奪った。

 連投のエース左腕・江口は、三回に先制ソロを被弾したものの、ツーシームなどを有効に使い、打たせて取る投球。1失点で完投した。

 浦和学院は4回目の出場で初の決勝進出。殊勲打の高橋は「何が何でもランナーを返そうと思って打ちました。サポートしてくれた先輩方に何とか恩返ししたいので、絶対優勝したい」と意気込んだ。

(デイリースポーツ)

◇エース江口、1失点完投!浦和学院が決勝初進出

201411172200

 明治神宮大会・高校の部は17日、準決勝2試合が行われ、仙台育英が2年ぶり、浦和学院が初の決勝進出を決めた。浦和学院はエース・江口奨理(2年)が9回1失点完投勝利を挙げた。

 勝利の瞬間もポーカーフェイスを崩さなかった。浦和学院のエース左腕・江口が8安打1失点完投。「テンポよく投げるのが今日のテーマだった。中盤以降はゴロを打たせることができた」。前日(16日)の東海大四(北海道)戦での6回無失点からの連投にも、涼しい顔だ。

 初回、3者連続三振のスタート。だが「自分は打たせて取る投手」と逆に気持ちを引き締め、低めを意識した。中学時代、相手打者のタイミングを外すためトルネード投法をマスター。この日も、独特のフォームから120キロ台の手元で動く直球や、100キロ前後のカーブを駆使。2回以降、15本のゴロを打たせ、16個のアウトを積み重ねた。

 関東大会では初戦から2戦連続完封勝利。しかし、3連投となった準決勝の高崎健康福祉大高崎(群馬)戦では5回途中から救援し、最後まで投げきり勝利するも、11安打6失点と打ち込まれた。「体力がないと、もたない」。大会以降、全国での戦いに向けて走り込みの量を倍増させ、スタミナ強化に努めてきた。

 9回は無死二、三塁のピンチを招いたが、昨春センバツV左腕・小島和哉(3年)の「甘いコースでも、気持ちで勝てば打ち取れる」という教え通り、強気に腕を振って粘り切った。森士監督(50)は「球持ちがいい。小島と比べても遜色ない」と賛辞を送った。

 甲子園で優勝するために同校を選んだというエースは「ここまで来たら(決勝で)勝たないと意味がない」。決勝は昨夏の甲子園初戦で敗れた因縁の仙台育英戦。小島も果たせなかった秋の日本一をつかみ取り、来春のセンバツに弾みをつける。

(スポーツ報知)

◇浦和学院が初V王手、江口完投 森監督「慌てないで進められた」

 浦和学院(埼玉)が東海大菅生(東京)を逆転で下し、初優勝に王手をかけた。1点を先制された直後の4回に4安打などで5点を奪い逆転。投げては左腕・江口が8安打を許しながら最少失点で踏ん張り2試合連続完投勝利を挙げた。

 森士(おさむ)監督は「先に点を取られても慌てないで試合を進められたのは良かった。この時期まで公式戦をできるのはうちにとって大きい」と話した。

(スポニチ)

◇浦和学院4番・山崎、強行出場!前日7針縫い「最初は怖かった」

201411171302

 浦和学院が決勝進出を決めた。16日の試合の守備で打球が顔面に直撃し、負傷交代していた山崎滉太(2年)が「4番・一塁」で先発。1安打を放ち、打線をけん引した。

 前日の東海大四戦の一塁守備で、イレギュラーした打球が右眉上に当たり流血、本人は出場を直訴したが、ドクターストップがかかり、試合中に都内の病院へ直行。7針を縫っていた。この日もつばの裏に血がついた帽子をかぶり、腫れ上がった患部にテーピングを施して強行出場。「キャッチボールはボールがぼやけて打席では自分に向かってくる変化球が見えづらくて、最初は怖かった」。それでも守備機会をミスなくこなし、6回には中前安打を放つなど、バットでも快音を響かせた。

 「やると決めていたので、とにかくやろうと思っていた」と患部をさすった。18日の決勝に向けて「けがとは関係なく、1人の選手として役割に貢献して勝ちたい」と日本一へ悲壮な覚悟だった。

(スポーツ報知)

◇決勝は浦学-仙台育英!両エース・江口&佐藤は中学時代の代表チームメート

201411171500

 高校の部・準決勝が行われ、決勝は初優勝を狙う浦和学院(関東・埼玉)と2年ぶり2度目の優勝を狙う仙台育英(東北・宮城)の対戦が決定した。浦和学院のエース左腕・江口と、仙台育英のエース・佐藤世那は中学時代、Kボール選手を中心とした15Uアジア選手権の日本代表に左右のエースとして選出。決勝の大舞台で元同僚のライバル対決が実現した。

 浦和学院は逆転勝ちで決勝進出。江口が1失点完投と悲願の初優勝へ態勢は整った。江口は昨年夏の甲子園初戦で、壮絶な打撃戦を演じて敗れた仙台育英を強く意識。「先輩たちの借りを返したい」と闘志をみなぎらせた。

 仙台育英は13安打で8点の猛打を披露。右腕・佐藤も7回完封と調子は上々で投打に充実。佐藤は中学時代、代表チームで同僚だった浦和学院・江口を意識し「しっかり戦いたい」とライバル対決を楽しみにしていた。

(スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。