試合速報はこちら

記録から見た選抜出場校(下)浦学・江口、完封5試合

◇投手

 最速152キロを誇る県岐阜商の右腕高橋は77回を投げて79の三振を奪った。1試合平均与四死球も1・40と制球力も高く、防御率は0・47と抜群の安定感を誇る。

 明治神宮大会を制した仙台育英(宮城)の佐藤世は、フォークボールを武器に129三振を奪い、防御率は0・90だった。大阪桐蔭の左腕田中は57回の投球回数を大きく上回る74奪三振を記録した。

 木更津総合(千葉)の左腕早川は36回を投げて3完封し、失点は0だった。立命館宇治(京都)の山下、龍谷大平安(京都)の高橋の両左腕と、九州学院(熊本)の伊勢は、全試合を一人で投げ抜いた。

 浦和学院の左腕江口は13試合92回を投げ、完封は佐藤世の7に次ぐ5試合で、防御率も1・57と安定している。奪三振は43にとどまっているが、打たせて取る投球に徹していることの裏返しだ。

◇打者

 静岡の安本は11試合で4本塁打を放ち、打率も4割4分7厘をマーク。エースで4番を打つ敦賀気比(福井)の平沼は、打率5割、3本塁打と存在感を示す。

 打率トップは6割3分2厘と打ちまくった糸満(沖縄)の大城で、九産大九州(福岡)の尾崎、静岡の広瀬が続く。仙台育英の郡司は26打点をたたき出し、英明(香川)の湊と神村学園(鹿児島)の児玉は9試合で15打点を挙げた。

 松商学園(長野)の百瀬は出場選手中最多の14盗塁を記録した。天理(奈良)の1番船曳は打率2割6分2厘ながら、11四死球と選球眼に優れる。

 選抜出場校有力投手成績
 選手名学校名試合完投完封投球回自責点被安打奪三振四死球防御率
 佐藤世仙台育英16137120 1/31284129370.90
鈴木常総学院61029 1/33241760.92
江口浦和学院138592167343291.57
早川木更津総合8333602034110.00
大江二松学舎大付7736595063191.25
 平沼敦賀気比8425482851111.33
 高橋県岐阜商11627743979120.47
山下立命館宇治1111292327361603.13
高橋龍谷大平安88168125061271.59
田中大阪桐蔭97257114174231.74
 坂口奈良大付84153 1/38363891.35
 上西宇部鴻城106272114971201.38
 杉内今治西87170 2/3145225131.78
 伊勢九州学院1212198289061232.57
 豊橋工1110192156978311.47
 選抜出場校有力打者成績
 選手名学校名守備試合打数安打打点本塁打盗塁打率
 郡司仙台育英1659282610.475
宇草常総学院82614206.538
百瀬松商学園1243213014.488
平沼敦賀気比1132161330.500
 安本静岡1138171445.447
 広瀬静岡1137201101.541
伊藤立命館宇治1145181701.400
 坂口天理1137151030.405
船曳天理1142111111.262
 英明938131510.342
尾崎九産大九州83117600.548
児玉神村学園929101512.345
大城糸満1038241306.632
 橋中桐蔭5179701.529

※△は投手=左投げ、打者=左打ち

(埼玉新聞)

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx