試合速報はこちら

浦学、朝霞西を振り切り8強 高校野球埼玉大会

 (16日・県営大宮ほか)

 第8日は南大会と北大会の4回戦各8試合行われ、両大会の8強が決まった。南大会ノーシードの川越東がBシードの山村学園に9-1で七回コールド勝ちし、準々決勝に進出した。

 南大会Dシードの聖望学園が6―3で同Cシードの狭山ヶ丘に逆転勝ち。同Dシードの川口市立は同Cシードの埼玉栄を7-4で下した。北大会の本庄東は序盤の6点差をひっくり返して11-8で本庄第一を破った。

 休養日を挟み第9日は18日、県営大宮、市営大宮、上尾市民の3球場で南大会と北大会の準々決勝を行い、4強が決定する。

一時は1点差 「不徹底」反省 浦和学院

 0-0の二回に8番福島の適時打などで3点を先制。五回に1点を追加したが、六回だった。

 プロ注目の右腕渡邉が暴投と適時打で3点を返され、一時、4-3に迫られた。その後は突き放し、森監督は「後半、相手の流れになったがよく立て直した」と一定の評価をしたが、5年ぶりの甲子園へまだ盤石とは言えない。勝負の残り3戦へ向け、福島は「フライを上げないことを意識したが、徹底し切れなかった。次につなげないといけない」と引き締めた。

(埼玉新聞)

渡邉、今夏初登板3失点も最速タイ145キロ出た

 南埼玉・浦和学院の145キロ右腕・渡辺が今夏初登板。5回2死二、三塁から3番手で登板すると最速タイの145キロで右飛に仕留めた。 

 6回は制球を乱して3失点も7回以降はリードを守り「最初は力んだが切り替えられた」。春に右肘を故障した影響で背番号11も1メートル90、90キロの恵まれた素材が評判を呼び、10球団が視察。広島の尾形佳紀スカウトは「大谷みたいになれる」と絶賛した。

(スポニチ)

試合結果

 4回戦 7月16日(県営大宮)
TEAM123456789HE
朝霞西000003000365
浦和学院03001021x770
【浦】河北、永島、渡邉-福島
【朝】仲村、清水-井上
後藤、福島(浦)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
中前310
大澤410
蛭間311
上野400
後藤310
①7河北300
小町301
福島421
佐藤200
1永島000
1渡邉211
3174
 朝霞西打撃成績
位置選手名打数安打打点
久岡500
渡邊310
兵頭320
國弘100
中島410
井上211
仲村200
H1清水200
大山410
山室300
2961
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院河北415010
永島2/311100
渡邉4 1/343203
朝霞西仲村542024
清水332203
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院4425006
朝霞西9440507

 浦和学院は二回、敵失と福島の二塁打などで計3点を先制すると迫られた七、八回にも加点。朝霞西は六回に3点を返したが5失策に泣いた。

コメントを残す

error: Content is protected !!