中大の1年生近野が好投 東都準硬式野球

 2季ぶりの優勝を狙う中大が延長戦の末に専大を振り切って先勝した。3回、重盗で先制すると4回に専大・武内公佑(2年=常総学院)の2点三塁打を許して逆転されるが、5回に敵失などで2点を挙げて再逆転。9回に追いつかれたものの、10回、四死球に敵失をからめて勝ち越した。

 中大先発の近野佑樹(1年=浦和学院)はリーグ戦初登板で先発の大役を任されたが、速球、スライダーなどの変化球を低めに集めるテンポのいい投球で9回途中まで3失点と試合を作り、勝利に貢献した。

 中大・近野佑樹「大学初戦を白星で飾れて良かったです。フレッシュさを前面に出し、勝利に貢献していきたいです」

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● 彼女いるんですか?…
● 彼女って浦学の赤学年ですよね?…
● のっくぴーや…
● ズバリ好きな人は??…
#質問箱 #匿名質問募集中

peing

匿名で聞けちゃう!Kazuさんの質問箱です

ヤキュウブ⚾️

peing.net

高橋まだこの回投げさせても良かったやろ
まだまだ球威あったし
しかし前の試合に続いて勝ち投手の権利持っての降板やし良かった
高校時代も選抜優勝以降勝ち星無かったけど春日部共栄戦浦学戦も良かったし甲子園はええのかもね

もっと読み込む...

 

アーカイブ