試合速報はこちら

浦学出身の専大1年生・藤田修が初先発初勝利 東都大学準硬式野球

 専大が逆転勝ちで2勝2敗とした。1点を追う3回、大平裕人(2年=札幌第一)の犠飛で追いつくと、5回には浜田麟太郎(3年=高知商)の適時打で勝ち越し、さらに大平の適時二塁打などで4点を追加。6回以降も着実に加点した。投げてはリーグ戦初先発の左腕・藤田修(1年=浦和学院)が初回に2点を失ったものの、2回以降は打たせて取る投球で6回まで2失点にまとめ、初勝利を挙げた。

 専大・大平裕人「先輩たちがチャンスで回してくれたので、絶対に返そうという気持ちで打席には入りました。これからも1試合ずつ全力で勝ちにいきます」

 専大・藤田修「初先発でしたが、先輩方に一球一球声をかけていただいて緊張がとけ、うまく投げられました。一戦一戦しっかり投げ抜きたいと思います」

(スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。