試合速報はこちら

浦和学院は昨夏王者・狭山ヶ丘と初戦 組み合わせ決まる

 23日に開幕する春季県高校野球大会の組み合わせ抽選会が20日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、出場50チームの対戦相手が決定した。昨秋の王者でAシードの昌平は初戦の2回戦で狭山清陵と顔を合わせることになった。

 同準優勝で同じくAシードの細田学園は星野の挑戦を受ける。同4強でBシードの春日部共栄は朝霞西と、同じくBシードの大宮東は川越工とぶつかる。このほか、同8強のCシード勢は、花咲徳栄が南稜と、川越東は早大本庄と、山村学園は春日部と大宮北の勝者と、川口市立は入間向陽と草加西の勝者とそれぞれ対戦する。

 中止となった昨夏の全国高校野球選手権埼玉大会の代替として行われた夏季埼玉県高校野球大会を制した狭山ヶ丘は同4強の浦和学院と1回戦で激突する好カードとなった。

 大会は県営大宮など4球場で実施。順調に日程を消化すれば、決勝は来月4日に県営大宮で行われる。上位2校が春季関東大会(5月15~18、22、23日・山梨)に出場する。また、16強が今夏の第103回全国高校野球選手権埼玉大会のシード権を手にする。

 県大会からは一般観客者のスタンド入場が認められる。観客は各球場で入場券を購入時に、所定の用紙に氏名、連絡先などを記入。検温を実施してから入場する。スタンドでは組織的または大声による応援は禁止。マスクの着用も求める。

 また、各入場制限人数も定められ、県営大宮は5千人、上尾市民は2750人、熊谷公園はネット裏500人、芝生席1千人、所沢航空公園はネット裏500人のみ。詳細は県高野連ホームページで公開している。

投打強力 徳栄本命 追う昌平、共栄、浦学

 優勝争いは、投打で総合力が高い花咲徳栄が大本命。昨秋王者のAシード昌平、2019年王者のBシードの春日部共栄、ノーシードの浦和学院が後を追う展開になりそうだ。

 10年ぶりの頂点を狙う花咲徳栄は最速146キロの堀越を筆頭に、松田、柿沼ら投手陣にタレントぞろい。打線も3番浜岡、4番冨田、5番味谷ら潜在能力が高く、歴代と遜色ない強力打線だ。

 秋春連覇を目指す昌平は3番吉野や4番古賀ら打線のつながりは随一。投手陣はエース田村、川島らが守りからリズムをつくる。

 浦和学院は、エース左腕宮城に右腕三奈木ら好投手をそろえる。攻撃は1番吉田匠、3番松嶋、4番吉田瑞ら長打に加え率も見込めて粒ぞろい。1回戦では昨夏の夏季埼玉県高校野球大会を制した狭山ヶ丘とぶつかる。順当に勝ち進んでも2回戦で正智深谷と市川越の勝者と顔を合わせるなど激戦区で気が抜けない。

 春日部共栄は、安定感のあるエース左腕高橋が経験豊富で申し分ない。打線は勝負強い3番増田、4番佐藤、5番石崎がけん引する。

 虎視眈々と頂点を狙う山村学園はエースの右腕小泉、左腕石下の投手陣と3番酒井、4番坪井を中軸にした打線で投打にバランスがとれている。昨秋、大躍進したAシード細田学園はエース松本、飯吉の右腕2枚を軸に堅守で上位を目指す。

 強打者の山岸を擁するBシード大宮東、右腕原口ら投手陣が豊富なCシード川口市立、金丸ら長打力がある上尾など公立勢の活躍にも期待だ。西部地区代表決定戦で強豪・聖望学園を倒した入間向陽、33年ぶりの春の県大会出場した宮代にも注目したい。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。